さぁ 大変! から始まった ふたつの企画展は

発送したDMは 初日になっても 送り先に届いていないことが判明。

浦安郵便局の本局ポストに投函したので 遅くても開期の先日には お客さまの元に着くはずでしたが、問い合わせると「松戸経由で、、?」と。

送り先は 浦安周辺が大半でしたが 届いていないことにはどうすることもできずに お客さまのほとんど見えない初日のオープンとなりました。

服の企画展は 初日を楽しまれるお客さまが多いので 始まってからのご案内は無に等しいのです。

お手上げ状態のまま 開期を過ごすものの やはりお運び下さる方の少ない日々を過ごしています。

先週明けからの我が家のサプライズで いろいろなことに支障がでてしまったようですが、今週は スッキリ進みたいものです。

どんぐりでは
  
  岩本千穂さんの綿・麻の服と浅野和美さんのアクセサリーが ほどよく調和。

きみどり色の麻の敷物に シルバーのアクセサリーが爽やかに映えた空間展示です。

路風舎では

  ゴンドラセレクトの「のみの市」

異国のバザール感は 路風舎空間にひろがって 時間の経つのも忘れるほど 探す楽しみも。

庭の新緑も目に優しく お庭の管理人?さんが育ててくれている たくさんの草木が迎えてくれています。

「滞在型ギャラリー」と名付けてくれた ミチクサクーシャ展では お裁縫担当のTeilenさん。

コピーライターのお仕事もされているので さすがに上手い言葉が当てはまりました。

その命名がピッタリな路風舎では お客さまが毎回ゆっくりと居て下さっているようで なんだかうれしくなります。

17日(水)の5時まで どんぐり・ふたつの企画展を お楽しみ下さい。

 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る