梅雨空

山上伸治・千里展 終了後の猫たちと ぼんやり過ごして居ました翌週の一週間。

今日から始まる 遊印・望月信幸展のDM宛名書きを終え さて、次なる作品展に向け「気」を入れましょう、、、と思っていましたら 洗濯機が動かなくなりました。

(数週間前には 掃除機もでした)

ようやく 年明けから続いていた我が家の不調から少しずつ開放されてきただけに またまたの不安感。


購入してから 一年半ほどでの機能不良。

作動しなくなった洗濯槽から洗濯物を引き出し タライで洗い 手で絞り やっと干し終えた頃には

梅雨時の曇り空で やりきれない思いのまる一日を過ごした週明け。

修理に三日を要しましたが ようやく心が晴れまして 遊印 初日迎えとなります。


そろそろ風向きも変わって欲しいと思うどんぐりなれど さて この風向きは変わるのでしょうか?


「遊印かるたの原画展」と題した 望月信幸展の世界に どんぐりの新たな思いも重ね 次なる方向性が見えてきたような感じもするのです。

6/20(木)までの開期に しっかりと向き合っていたいと思いますので 梅雨空のもと ゆったりとお運びください。

千里ねこ と 望月遊印の世界が 不思議とぴったり合う空間展となりました。



路風舎にての ひげでん「縁側おでん」は 雨天以外は 二時半頃まで ほぼ毎日オープン。

ご近所の方は 鍋持参で 持ち帰られる方もあり まったりな「おでん時間」も流れているのです。


庭の緑を眺めながら 浦安元町 路地裏の 路風舎時間もお楽しみ下さい。

日常から ほんの少し 解き放たれたような時間を過ごしていただけるかもしれません。


 まだ情報は届いていないのですが 21日(金)は路風舎で六時〜「浪曲の会」も企画されているのです。



そして きのうは 江東区清澄庭園の「涼亭」にて 「柴川康子・語りの会」に身を置いてきました。

夕暮れの庭園 池に浮かんだように建っている涼亭の室内で語られた 加島祥造の「老子・タオ」より 数編を。


木々の緑と池の水を眺めながら聴く 語りは心地よく心に染みました。


帰りには 思いがけず カメの産卵に立ち会うことに。

神秘的な光景に 心が浄化されたような気がします。


14日(金)にも 涼亭にて 14時〜 19時までに 四回の「語りの会」があります。

 お問い合わせ 03−3667ー8745 柴川


  冷房も暖房もいらない心地よい頃 季節の風を感じながら皆さまと心の風を見たくて始めた「語りの会」とのこと。


ロケーションの規模は違いますが 語りを聴きながら 路風舎考の思いが 強く重なりました。 


私は もうすぐ還暦を迎えますが これからの時間をゆっくりでも丁寧に積み重ねていくことが出来ればと。

考えていたこと 思い描いていることを ひとつずつ臆せずに進めなければと思う気持ちになってきました。


「遊印かるたの原画展」に挑む望月信幸さんの姿勢にも 背中を押されたような・・・














 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る