いままでの投稿   2006 7月

浦安は花火大会の日

刻々と花火時間が近づきます。
毎年、この日のフラワー通りはとっても静かです。
きょうのどんぐりにはお客さまは少なくて
外に感じる気配は、花火を楽しみたい人たちのざわめき。
年々、打ち上げ会場は遠くなり高層マンションも多くなり
人工も増えたので、花火を観る人たちの過ごし方もきっと
さまざまなのだと思う。打ち上げ会場近くは人混みができ
打ち上げを待つ人たちで華やいでいることでしょう。
この数年、花火の日のどんぐりは、、、ゆっくりと閉店して
自宅に戻る境川ぞいを歩きながら観る花火も風情があり
川の両側で 花火宴会をしている人たちや橋の欄干にもたれて
観ている人たちを見ながらのおさんぽスタイルの花火鑑賞。
遠くに聞こえる花火の音を聞きながら、走馬燈のように
さまざまな記憶が心の中に湧いてきて贅沢な時を刻みます。
自宅に着く頃には、最終の打ち上げ花火の大輪を観ることが出来て
日々のごほうびを頂けたような気持ちになります。
今年の花火もゆっくりと遠くから楽しむことにしましょう。


真夏日の服

ようやく暑い夏日になりました。
服の作り手たちは、夏日をイメージした素材で
たのしく着られそうな服をたくさん届けてくれました。
ちょっと街におでかけしたい服・海辺や山荘で着たい服
おうちで「だらーり」と着ていたいような服といろいろです。
さまざまな組み合わせで遊べるほど、たくさんの服なので
全部をひろげられず気づかずにいたデザインもあって
おきゃくさまと一緒に作り手のこだわり部分の発見もあったりして
おひとり・おひとりとの楽しい服選びの時間が流れます。
服選びのあいまに今回は脇役のような籠や小物たちも見ていただけ
ひとつひとつの作品たちもうれしそうに輝いてみえます。
外には、まえたがらすの風鈴が涼しげに通りに響いて
夏時間を感じさせてくれているどんぐり夏日の企画展。


フルーツポンチは、、、恋の味

どんぐりご近所の娘さんから運ばれたフルーツポンチ。
外地に数ヶ月間、お仕事で行っていた彼が帰ってきたので
久しぶりに会う彼のために作ったものでした。
すいか・バナナ・パイナップル・そして白玉、、、。
サイダーの中の果物に白玉は、、、淡い恋の味のようです。
白玉入りのフルーツポンチをはじめて食べました。
思い出してみてもフルーツポンチを食べたのは
遠い昔のようで、サイダー水の中の白玉の食感に
青春の思い出も重なったりで、ちょっとふしぎなひとときでした。
フルーツポンチは青春の味なのかもしれませんねー。


あ・れ・こ・れ、、、は

がらす、、、まえたいちろう・たなかえみ・村松なるみ
(花入れ・鉢・コップ・デザート入れ・びん・ランプ、、、)

陶、、、行人窯(脇田)のまぐかっぷ・皿・蕗の皿・ゆのみ、、
    東風・うさぎの茶香炉
    深田容子・うさぎの香炉
    須田弘美・うさぎのふたもの
    浜渡富雄・うさぎの香炉・水滴
    さかいゆきみ・うさぎさん

アクセサリー、、、アトリエムーン・ガラ・congu・柴垣ゆきこ
(ブローチ・イヤリング・ペンダント・かんざし、、、)

籠もあります。
  高嶋美枝子 (樹皮のかご・籐のかご)
  稲垣なお  (とずらの籠とすす竹の箸)

服の他にたのしい小物あ・れ・こ・れ、、、と

そして「ネイルの仕事」も見ていただいています。


 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る