いままでの投稿   2007 2月

陶房のぎ展

17日初日の前日からきょうの4時まで、ご友人宅に泊まりながらどんぐりに詰めていてくれた陶房のぎのおふたりに、きのうの落語会時間を頼ってしまいました。初個展ののぎさんでしたが、とってもいい空気感で接客していてくださったのでどんぐり店主がまる一日不在でも大丈夫でした。おかげで企画展二日目の大冒険でしたが、落語会のみに集中できて16回目の落語会をさわやかに終えることができました。きょう昼過ぎからお客さまは途切れることなく、心温まる時間をお客さまと陶房のぎさんに包み込んで頂ききのうの疲れも癒されて。おふたりは愛猫の待つ工房に一時ご帰宅されましたが、金曜の3時ころに再び出かけてきてくれるので、それまでは店主が作品展番をいたしております。落語会準備と企画展準備等でやり過ごしのことも多く、この間出来る限り集中しようと思うのですが、、、どういう時間が待っているのかも明日からのおたのしみ。いろいろ切り上げてのんびり春を楽しみたいどんぐりです。開催中の「のぎ展」でも作品の中に春満載なので、疲れたら二の間から抜け出し一の間でのぎ作品の中でひと休みも出来そうなほど見飽きることのない展示ですのでうれしい。まだまだ画像を載せることが出来ないのでどんぐりページのリンクに「陶房のぎ」さんを入れましたので、クリックしてみてください。「陶房のぎ」さんの楽しいページがひろがります。きのうは初の東京マラソンのあった日。終わりまでテレビで観ていたかった日でもありましたが、たくさんの人が走ったのですねー。開催にあたって関係者の方々のご苦労や喜びもたくさんあったことでしょう。通りの小さなイベントとも重ね合わせて東京マラソンのひとこまを観た日でもありました。

もありました。


16回目の落語会

きのうの18日(日)は3時から落語会がありました。毎年2回ほどのペースで春と秋に企画しているのですが、今回はちばDC(ディストネーションキャンペーン)に組み込まれ2月から4月の間に落語会とストリートライブをこの期間に2回づつ開催することになりましたのでなんだかどんぐりは企画会社のように忙しくも、、、。そんなわけで短期間のあいだに開催するので2月の開催は初めてとなりました。会場の新・自治会館の使用も初めてなので、チケット販売開始からはなかなか完売にならず(過去ではほぼ三日あれば完売でした)休める企画展の合間にもどんぐりを開けて、いつみえるのかもわからないお客さま待ち。結局80席予定のお客さまは当日売りも含め70席弱に。会場設定は当日しか出来ないとのことで11時から3時のぎりぎりまで舞台づくりと会場設営に費やしていました。今回は商店会で作った高座(パイプを組む)が初登場でいい感じでしたが、上がり台が無く結局上がり台だけはいつものようにビールケースで代用。雰囲気づくりにあちこちにあるモノを運び入れようやくスタート。噺家さん3名の熱演時間90分ほどはあっという間に過ぎ、こんどは撤収。商店会の方たちとよく働いた落語会の一日でしたので、打ち上げは楽しくさわやかに終了。準備のスタートは雨がたくさん降っていましたが会の始まる頃には雨もあがってあれこれと変化に富んだ一日だったかも。回を重ねるごとにたくさんの力を多くの方から頂いていることも感じます。心地よい疲れを感じながらきょうはどんぐり仕事にもどり「陶房のぎ」展の三日目をを終えました。これから3月3日と4月21日のストリートライブ・4月29日の落語会とあり、どんぐりはイベント業も出来るかも、、、と思うくらい多忙ですが「目指せ浦安元町活性」のために進めているのでこの機会に多くの方にお運びいただきたい。この期間はJR東日本と各地の商工観光課との観光目的のタイアップ行事ではあるのですが、きのうの落語会当日はこれらの関係者の気配すら感じることなく進められました。相互協力があっての地域発展だと思うのですが、忙しい思いをしてまで詰め込んでする意義があるのか、、、疑問も残りました。今回の企画は決定しているのでこの期間はやるしかないのですが、このキャンペーン期間に左右されることなく通りのイベントとして今後も続けることが目標のどんぐりです。一過性では、もの悲しいですよねー。


かつおの香り

向かいの天哲蕎麦やさんは、昨年秋から休業していて通りはとても寂しく感じていました。やっと快復されて「かつおの香り」が通りに漂う日も間近となってきたのです。この数年の間に「通りの食べものやさん」の廃業が続き、とてもさびしいどんぐりでしたが天哲さんが居てくれるだけでも安心してみせを開けていられたのです。秋には「寝耳に水」のような突然の休業宣言に気持ちも沈みました。木田やスーパーも無くなりマンション建設工事の騒音と車のみが目立つ通りに失望感も覚えましたが、このマンションもそろそろ完成しそうです。じっと耐えながら作品展を進めてきたどんぐりですが、周辺の落ち着きとともに人の流れも少しずつ戻ってくることでしょう。なによりも通りに「食の香り」が戻ってくるのはとってもうれしいことなのです。毎日、開店準備を進めている天哲さんの気配を感じながら、どんぐりにも新たな気合が入ります。


陶房のぎ展

搬入を終え、たくさんの器が並びました。のぎさんのおふたりにはどんぐりスペースをはっきりお知らせしていなかったので、運び込まれた作品をうまく展示できるか心配でしたがなんとか納まりました。「ペルシャ展の花園」からどんぐりは「陶房のぎさんの花園」に迷い込んだ感じです。様々なかたちのうつわには四季折々の草木の花々や実・野菜などが描かれて、「ここにも、ここにも、、、」といったように見つける楽しさが涌いてきます。森の小動物や駱駝・かば・アルマジロ、、、クジラに猫も、っという具合に立体で制作された生き物たちも可愛くお目見え。ほほえましくなるモノたちとの出会いに楽しい時間を過ごせそうな「陶房のぎ展」のはじまり。きょう気付いた案内には12:30からという開店時間になっていましたが、いつものように12:00から開けます。磁器のうつわが多いせいか、さわやかな春を迎えた感じになりました。


 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る