いままでの投稿   2007 4月

満員御礼にて無事終了

久しぶりの穏やかな天候に恵まれて、当日券の売れ行きも上々の落語会でした。今日の打ち上げは「天哲」さん。3人の噺家さんの1時間30分程の公演時間もあっという間に過ぎ、準備にかかった時間より遙かに早い時間で片づけも終わり、会場の自治会館の鍵を閉め終えた瞬間の開放感は言葉にできないほどの安堵感がありました。開放感に満ちているときのお酒はとってもおいしく、久しぶりに心の底から楽しむことができましたので、天哲さんでの時間は噺家さんを囲んでにぎやかに過ぎ参加者全員の笑顔でお開き。充実の落語会日の終わりです。2月から4月の間に、ちばDCキャンペーン(観光目的)の一環でフラワー通り商店会では、ライブと落語会をこの間に2回づつ企画していて、4つのイベントのすべても今日で終了したので、なんだかほっとうれしい晩です。


いよいよ明日に、、、

設営時間に、またまた雷雨がやってきて、、、。フラワー通りのイベントの準備段階はいつも順調にはいかずにヤキモキすることが多いのですが、不思議と本番には恵まれます。今夜は月も出て風も弱まっているので明日の本番も穏やかな天候に恵まれる事でしょう。先のことをあまり考えてもしょうがないので、最終の内輪準備が終えたところでちょっと前夜祭を兼ねて、このところ落語会で応援いただいている川沿いの居酒屋さんにどんつれと立ち寄りました。初めて行くお店でしたが、常連の方たちのカラオケの歌を聞きながら、いつのまにかほろ酔いに、、、。元町浦安のあったかい空気が、そのお店には漂っていましたので心地よい時も過ごせました。久しぶりのリラックスタイムで一呼吸。あしたの本番は、また新たな気持ちで迎えることができそうです。今日までに七十席が完売。一枚一枚手渡ししたこの券、握りしめて来てくださる方が居てくださるのかと思うと、なんだかわくわくしてきます。十七回目の今回も、多くの出会いがあり更なる大きな力を感じながら十八回目にも繋げたく、、、。


服・アトリエ・SO 展

落語会設営までの下準備を終えたころ、明日から始まるSOさんの作品が届き、絵を外した壁には一変させて軽やかな服を掛け、いつものことながら試着室を設置して鏡を置き準備も整いました。企画展の展示には、必ず制作者がいて一緒に展示をしたりもするのですが、今回は作者の都合がつかずに久しぶりにひとりで展示をしたのです。時間に追われることなく、ひたすら自分のペースで動いていたら、20年前ころの、常設で開けていた頃のどんぐりを思い出していました。懐かしい記憶の中の解放された自分時間に出会えたようで、忘れかけていたものが浮かびあがり新鮮な気分にもなりました。今日は長野から前田一郎さんのがらすも届き、SOさんの布作品のなかに展示して、、、アトリエ・ムーンの木のボタンやアクセサリーを並べたりと楽しく時間が過ぎていきましたので、今回もいい感じで初日を迎えることができそうです。「初夏迎え」にはぴったりの服たちが揃いました。


4月29日(日)は落語会です

公演当日の二週間前から参加券を販売しているどんぐりには、毎日少しずつですが券を求めるお客様が足を運んで下さいます。通い慣れたお店の常連さんたちにも買っていただき、今回も会場いっぱいのお客様で埋まりそうですので一安心。回を重ねるごとに初めての方も増えてきて、主催者としてはうれしく思うのです。あしたの前日は会場となる自治会館にパイプを組み高座を設置。噺家さんの頭は、観客の頭の上くらいの高さにしなければいけないので、この高座設置には毎回時間を費やしています。高座が出来るとビールケースなどで上がり階段をつくり、布を掛け、座布団に屏風と、、、で高座は完成。客席の椅子を並べ会場の雰囲気づくりにもあれこれと知恵を絞り、少しでも寄席気分に浸っていただきたいので気合いもはいります。そして当日を迎えますが、まだ券も若干ありますので「浦安元町落語」をお楽しみください。


 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る