いままでの投稿   2007 8月

休みの日々   どんぐりに居ると

ご近所さんがさまざまなご用で、ほとんど下げてあるシャッターをくぐって
入ってきて下さいます。そんな瞬間は、なんだか長屋的でうれしくなります。
こうして少しずつですが、休みの気分からいつものどんぐりになっていくのを
感じます。電話に出ると「もうそろそろ居る頃と思って、、、」と、諸連絡もはいりますのでなかなか片づけには集中出来ないのですが、対外的に気になっていることを実行させる起動力ともなりました。考えるばかりで実行出来ないでいたことも、なんとか進めているのですが、これは単に日頃の怠け癖を休みの終わりに必死にやっているのと同じ事かもしれませんね。理想の収納で使い易くするのにも、まだまだ時間がかかりそうです。

休みの日々 涼しいので

昨夜の雷から、今日は曇り空の涼しい一日でしたので
仕事の電話を掛けたり、「陶・中島淳一」の宛名書きも終え
積んであった未整理の紙袋の山にも、ようやく手が伸びました。
明日から、どれだけ減らして収納できるのかの勝負?です。

昨夜遅くには、メールの返事を書き終えたとたんに
画面から全部消えてしまうというハプニング。
どんつれは早朝の仕事で寝ているし、あちこち動かしても
来たメールも書いたメールも、どこからも出てこないで
寝るに寝れず、、、早朝に起きたどんつれに救われて
書いたメールは出てきて無事送信は出来たのですが
頂いた大切なメールは、すっかり消えていました。
夜中の作業は、神がかり的なものに左右されるのかも、、、と
いまだ不思議ですので、やっぱりメールは苦手です。
先方にはちゃんと届いているのかも心配です。
夜の書き込みは、早々に切り上げることにしましょう。

日々、パソコン指導をしてくれそうな人の来るどんぐりを
早々に、いつでも学べる場にしなくては、、、。
 関係者の皆さま、随時よろしくご指導下さい。

休みの日々  そろそろ

せみの鳴き声も弱々しく感じるようになってきましたので
夏も終わりに近づいてきたのですね。
きょうは涼しくなって、なんとなく秋の気配ですが
暑さはまだ続くのでしょうか、、、。
日中は団地の自宅で過ごす時間にすっかり慣れてしまい
9月からのどんぐり時間を取り戻す「時間調整」をしなければ、、、。
秋一番の作品展までに、やっておきたい(やり残していた)ことがあるので
これから先、どれだけ休み中の目標が達成できるのか、、、なのですが
身体と気持ちが思うように動きません。すっかり怠け癖のついた休みの日々。
からっぽの気分はどれだけの充電になっているのかも判りませんが
進めなければいけない事が、少しずつ降りかかってきているので
新たな気持ちで取りかかることにします。
ちょっと涼しい今日は、なんだか行動もはかどりそうですね。
こまめに動けない性分を反省しつつ、、、。
休みの日々にいい習慣をつけたいとも思っていたのですが
やっぱり駄目そうです。


どんつれの放映

見て下さった皆さま、ありがとうございました。
数ヶ月のロケで、どんつれはひたすらジンベイザメの気分になっていましたが
無事に放送もおわって一段落。我が家の夏も終わったような感じでいます。
またどんつれは次なる撮影に入っていますが、今回は前宣伝もお聞かせして
ジンベイザメ、ジンベイザメとお騒がせいたしました。

休みの日々  おまけの小さな旅

暑い日が続いていますが、昨日は各地のお祭りで賑わっていました。
25・26日は団地のお祭りも25周年ということで、我が家から見える広場で
盛大に行われていたのですが、出かける予定があり参加はできませんでした。
元町の「猫四祭り」もあり、こちらも気になりながら前日につかの間の祭り気分を
味わっただけで、祭り好きのわたしにとっては不燃焼気味の浦安各所の祭り日でしたが
祭り気分を背に出かけた先の野方では御輿に遭遇。大きな御輿が目の前に現れて
大勢の担ぎ手の側にいるだけで気分が晴れました。御輿との遭遇前に、お囃子の音色が
商店会のスピーカーから流れているだけの通りを目的を済ませ気抜け状態でぶらりと歩いていると、通りの横町に「笑い地蔵」の社。お賽銭を入れて手を合わせました。
やさしく微笑んでいるお地蔵さんはこの町の人たちに親しまれているようです。
とってもいいお顔をして微笑んでくれていましたので、わたしたち(どんつれと)は
なんだかゆったり気分になって、繁盛して混んでる「やきとりや」さんにもすっと入れて夕暮れの一息もできて。御輿との遭遇だけでも満足でしたが、隣に居合わせた方から
「高円寺の阿波踊り」の日で、すぐそこからバスに乗れると教わりましたので 
ほろ酔いでバス停に行くと臨時直行バスにもすっと乗れて、着いたところは駅前広場で
阿波踊りのメイン会場でした。続々と阿波踊りの連が独自の踊りも披露していて
世代を越えた踊り手たちのステージにしばし酔いしれて、、、。数日前に徳島から帰ったばかりなので、なんだか旅が続いているような気がしました。お盆の期間にはなかなか帰れない「ふるさと徳島」ですが高円寺の阿波踊りは根強い町おこしになっているのですね。ふらりと何かに導かれていたような小さな旅気分の日で、阿波踊りの囃子のリズムに心身陶酔できた日でした。一度見てみたいと思っていた高円寺の阿波踊りでしたので、思いがけないチャンスのたのしみを味合わせてもらった日でしたが、各地の祭り
関係者の方たちが準備されるご苦労も垣間見ながら、継続の力強さ思いました。この日
昼過ぎのフラワー通り付近の境川では「ちんどんやさんを乗せた川下り」があり、これも偶然に近いかたちで遭遇しましたが、前宣伝の掲示は橋に貼ってあるだけで気がつきにくいので見る人がほとんどなく寂しく感じました。郷土博物館のイベントの一貫のようでしたが、正福寺の「さんぱち」同様に元町のイベントに繋げられないものかと思いました。ちんどんやさんはフラワー通りに似合いそうなのに、聴衆の少ない企画はもったいなさを感じます。どこに行ってもフラワー通りのことが気になりますが、少数の意識をひろげるのは心してかからないとなかなか難しいようです。
いろんなことを思いながらの「小さな旅」の一日でした。

これから秋の準備にかかります。

お知らせ  どんつれ撮影の放映日

この数ヶ月、台風もありで行ったり来たりの撮影でしたが無事終わりました。

鹿児島水族館のジンベイザメが大きくなって海に帰すまでの記録です。

    8月26日(日)テレビ朝日 よる11時過ぎ
 
      「素敵な宇宙船地球号」にて

             ぜひみなさま見て下さい。 
         

休みの日々  二泊三日で

どんつれのふるさと徳島に帰ってきました。
飛行機に乗ると「あっという間の距離」ですが、なかなかどんつれとの時間が合わず
今回も一年半ぶりの帰省です。いつも実家でゆっくり過ごしたいと思いつつも、待っていてくれる友人たちとの集いもあり、また小刻みの時間で日程を過ごしてきました。
眉山の懐に抱かれたような徳島市内の夕景を感じながら歩いてみたのですが、町を歩く人はほとんど見かけないくらい車と自転車での生活がほとんどのようで、歩く移動は珍しがられます。遠くの山々を見ながら手動式ドアの電車にも乗りました。十数年ぶりで
人形浄瑠璃の舞台がある阿波十郎兵衛屋敷も見学。友人の設計で立て替えられていた舞台は杉材の香りが新しく気持ちの良い空間になっていました。お盆のあとの墓参りもできて、少ない日程でしたが充実の帰省だったかもしれません。どんつれとの夏休みも過ごしたので、そろそろ秋からの準備に入ります。

8日から始まった甲子園大会も終わり、佐賀北高校の爽やかな優勝の朗報に包まれ
「質素な中から生まれる勝利」 「ピンチの裏側」、、、と佐賀北のみなさんから
心の中に力強いメッセージが届けられたようなおもいですね。


休みの日々  コンサートに

充電期間に予定していた「上大岡」でのコンサートに行ってきました。
大家さんのお孫さんがドラムを叩いているロック系のバンドで
春頃から大きなポスターを「どんぐり掲示板」に貼っていました。
横浜で活躍しているこのグループは「リーフ オブ リーズン」といいます。
ドラムのTAIMEI君はグループの年少者ですが、堂々とした演奏で
久しぶりに手拍子でも盛り上がり若者たちのなかでたのしいひとときを
どんつれと横浜に住む知人とともに過ごしてきたのです。
今日発売されたアルバムにはさりげなく、どんぐりの名前も入れてくれていて
ちょっとびっくりのうれしい気持ちに、、、微力ながらも応援していきますよ。
TAIMEI君の練習している音を、どんぐりで聴かれた方も多いのでは、、、。
今日のライブは初めての「ホールコンサート」でメンバーにとっては
これからの活動の「大きな一歩」となったことでしょう。

昨日のつかの間の涼しさから、また暑さが戻ってしまいましたね。

 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る