いままでの投稿   2008 1月

気分転換に飛び出して、、、

同時進行させていた「あれこれ」はなかなか進まずに
もう少しの先が見えているのに、すっきりとせず
時間ばかりが過ぎていく感じになってきましたので
思い切って、出かけたい場を決めてから短時間の外出。
目的先では、出会うべき作品と出会い気分もすっきり。
不思議とスムーズに移動できた先でも、心地よい時間も過ごせ
気ままなひとり時間を満喫できた今日の夕刻。
行く先々の知り合いは快く迎えて下さって、気分も軽くなりました。
切り替えの時間は大切、、、と強く感じたつかの間の時間。
もっと早く気分転換しておいたら、今頃はもっとすっきりと
過ごせていたでしょう。
気持ちを切り替え、明日はペルシャ展のための什器大移動。
その前に鬼たちの後続も送り出さねばなりません。
鬼たちと、まだ遊んでいたい気分が作業を遅らせているのでしょうかね。
一月もあっという間に終わって、、2月に。
さて、どんな時間が待っているのでしょう。


てんてこ舞いの時間

鬼と遊んだあとなので、こんどはお鬼たちを見送る時間に。
早くふる里に帰りたいような鬼もいれば、まだまだ遊びが
足りないような鬼たちも居て、どんぐり空間はダンボールの
山積みなれど、おなごりおしい鬼たちです。
節分より始まるペルシャ展の準備も立ちふさがっていて
やっぱり「てんてこ舞いの焦りの時間」なのですが
ひとつひとつと向き合わないと前に進めずに困ったものです。
同時進行の作業はつかれるなぁーと思いながらも
自分でやっていることなので、仕方ありませんね。
鬼たちから元気をもらったのでがんばれます。

きのうは、ちょこっと貂々さんの赤ちゃんと会ってきました。
生まれたての赤ちゃんを見るのは久しぶりのことです。
暖かな陽射しの中の、ほんのひとときの幸せな時間。
ツレさんとてんさんは、新しい時間が始まるのですね。
元気にのびのびと育ってほしいと願います。

お二人の赤ちゃんからも「いい気」をいただいて、、、。
 


「鬼と遊ぶ展」の最終日には、、、

小雨降る寒い一日でしたが、無事に開期を終えました。
夕刻のビックニュースでは、細川貂々さんに男子が誕生して
ツレさんが知らせに来てくれましたので、居合わせた人たちと乾杯。
母子共に元気そうで一安心。肩の力も抜けまして
鬼と遊ぶ展の幸せな最終日のひとときも過ごせたのです。


鬼たちのご紹介 その6

印南ゆうこさんは京都版画やのメンバーですが
毎回、単独でやさしい画風の作品が届きます。
涼しげな横顔の女性から、すっきりとした角が二本。
どんつれは、「なんだかわかるなー」と言いますが
どう判るのでしょうか、、、。
もう一枚の鬼さんは細長の額のなかで楽しそうです。

たくさんの鬼たちを紹介してきましたが
 そして天の邪鬼たち、、、というのもありました。

そのひとりのちーこーぼさんは革の作家です。
2月に控えた作品展制作の合間にプチ鬼バックが届きました。
角だし鬼に見立てたバックはとっても可愛くて、、、。

 画家の小林敏也さんからは「花鬼」タイトルの絵本と
片桐額に素敵に収まっているカット集の中のなまはげが、、、。

服やニットや織物・陶やガラスのうつわも仲間入りして
なんだか賑やかな「鬼と遊ぶ展」でしたが、いよいよ
最終日を迎えたきょうの一日はどんな出合いがあるでしょう。

鬼と遊ぶ展は2009の新春にも予定を入れました。
日々が穏やかな一年でありたいものです。
新春企画におつき合い下さった皆さま
       ありがとうございました。
心の優しい鬼たちは、みなさまの元でお役にたちますよう、、、。


 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る