いままでの投稿   2008 4月

一区切りの時間なれど、、、

平厚志展も落語会もお客さまの笑顔の中で無事に終えることができました。さて、どんぐりは今日から贅沢な大型連休となったのですが、「日頃出来ないことをする(山積みの様々な整理)お休み日」と決めた予定なので、しっかりと段取らなければ前に進めません、、、と心に言い聞かせてはみるものの、今日の一日目は時間に追われることなくの洗濯をして新緑を見ながらの洗濯干しを楽しんでみました。風にゆれる洗濯物をぼんやり眺めるのも開放感。行きたいときに行けないでいた美容室の予約もやっととれたので、まとまりにくくなっていた髪型からも開放され明日からは心身共に気分良く過ごせそうな気が、、、。

どんぐりの連休明け(5月8日から)は、初夏の服展で始まります。各地から届く作品の服たちもどんぐり空間に五月の爽やかな風を運んでくれることでしょう。


平厚志・陶展なれど、、、今日は落語会の当日です

ごぶさた続きでしたが、平厚志さんの作品展は順調に進み毎日のように(開期中にも仕上げられた)フレッシュな作品が運び込まれています。そんな作品たちをゆっくりと鑑賞することもできずに、落語会の参加券販売にハラハラドキドキの日々でした。おかげさまで満員御礼となりましたが、お求めになれなかった方もいらして申し訳ない状況にもなっていたのです。そしていよいよ今日が本番。どんつれは、商店会の人たちと昨日から会場設営に追われています。天候に恵まれた今日は、たくさんの方たちに見守られているような気がします。19回目の落語会、、、今回は特に心の中のさまざまな思い出と共に迎えるのですが、またゆっくりと「今日の思い」をお伝えできる日があるかとおもいます。

さて平厚志展では毎日のように、お運びいただいた方たちとの温かい空気が流れるどんぐり空間で、も・め・ん・とさんにもお手伝い頂きながらの日々です。あしたは最終日(5時)まで、落語会を終えたどんぐりも平君とともにゆったりとお迎えできますので皆さま最終日もぜひお運びください。(28日から連休期間のどんぐりは休ませていただきます。)

平厚志展のどんぐり空間の様子は、「arinco’s kitchenさん」のブログでご紹介頂いていますのでご覧ください。どんぐりページからもリンクができる「も・め・ん・とさん」のブログなのです。

「陶・平厚志展」、、、と 「も・め・ん・と」

平君DMの大きな画像にびっくりの方もいらしたことでしょう。仕上がりの遅れたDMを一刻も早く載せたいと書いたのがきっかけで、「も・め・ん・と」さんの心意気でいち早く実現しました。毎度の事ながら大変なときには、誰かしら手を差しのべて下さるどんぐりですが、今回はごく最近にご縁のできた 「も・め・ん・と」さんが、この一件に一役買って出てくれたのです。おかげさまで「陶・平厚志個展」も気持ちのよいスタートで、お運びいただいた皆さまとゆっくりした充実の初日を過ごしました。
「も・め・ん・と」さんは、もめんの布で小物を制作されているので平厚志作品の中に今回は彩りを添えてくれています。
思いつきで数日前に協力をお願いしたのですが、短い期間にもどんぐりにあった平君のうつわからイメージして制作された数々のプリント柄も取り入れたコースターや鍋つかみは、展示された平君の作品の中にほどよくとけ込んで、どんぐり空間にはまた新しい出会いが生まれたようです。
触り心地もよい「も・め・ん・と」の小物たちと、どんつれの代わりに作品展ポスターも制作下さった大活躍の「も・め・ん・と」さん、、、。

平 厚志 作陶展 4/19(土)-27(日)

これです、、、あっと驚く平君のDM、、、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平 厚志 作陶展

2008.4.19(土)-4.27(日)
12:00-19:00 最終日17:00まで
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
どんぐりでの2回目の展示会です。
どうぞ、たくさんお運びいただき、作品をお楽しみください。

あっと驚く平君のDM、、、

夕刻にどんぐりに戻ると、宅急便で送られてくるはずのDMの一部がどんぐりポストに束ねて入っていました。開期のギリギリに届けられるDMには大きな期待感と不安感が入り交じり、あらゆることを想定しながら開けてみると、、、なんとびっくり1
平君は「こう出たのね、、、」と思わずDM見て、長い時間引きずっていた緊張が溶け晴れやかな気分になりました。どんぐりのホームページ案内には「イメージ作成中」と書かれた日程のみの「陶・平厚志展」ご案内ですが、一刻も早く載せたい気分のどんぐり的DMなのです。、、、けれども只今どんぐりホームページ担当のどんつれは久々のお泊まりロケで不在中のため、今しばらく皆さまにお見せできないのが残念です。今夜はあるだけのDMに宛名書きして深夜の本局ポストに投函出来ましたので、早くは明日18日金曜(今日でした、、、)にでもお客さまの元に届くと思います。とりあえず平君のことを知っている近隣の方からお出ししましたので、続きはまた明日(今日)になります。平君の作品展期間もあったかな空気がどんぐり空間に満たされることを願って、いよいよ搬入日を迎えます。


19日(土)からは「陶・平厚志展」なのですが

作品展のDMはまだ届きませんので(本日の夕方到着予定)、発送は早くて今夜に。
昨年の4月に続き、どんぐりでは2回目の個展です。温厚な平君の作品は使うほどに作風が馴染んでくるので、たっぷりと制作されているうつわは日々のどんぐりで大活躍なのです。昨年の秋頃には都心のグループ展で、今後の作風に繋がりそうなふっくらとした平君一輪挿しと出会い今年の作品展を楽しみにしていたのです。小さいけれど存在感のあるお花のかたちの豆皿なども使うほどに楽しくて、平君の遊び心にも期待しているどんぐりです。このところの諸事情等で、ゆっくりと作陶に向き合えない時間もたくさんあったようですが今回の作品展では、ありのままの今を表現して欲しいと願っていますので追い込み制作の作品にはどんな「か・た・ち」が生まれてくるのかもたのしみのひとつ。27日(日)までののんびり開期ですので、春の一日をまったりとお運びいただきたいと思う「陶・平厚志展」なのです。

春の服・岩本千穂展は無事に終了でしたが、開期中の天候に左右されたかも、、、と思えるようなお客さまのお運びでした。5月8日からのどんぐり「初夏の服展」にも岩本千穂さんは参加してくれますので、新たに制作される夏に向かっての軽やかな素材服もお楽しみに、、、。

落語会のチケット販売もはじまり「岩本千穂展」

12日の土曜日から、落語会のチケットも販売が始まりましたので開催中の岩本ちほ展にお運び下さる方とチケットを求めに来られる方が交差してのどんぐり空間でいます。岩本ちほ展の初日は雨日にはじまり肌寒い数日間でしたが、やっと今日は温かくなりそうです。ちほさんの今回の素材の中には、国内で生産されている布使用の作品も多くしっかりと織られたソフトな布の触感も着るほどに味わいが出てくるようでいい感じなのです。この数年は諸外国の織り布が服の作家たちの間で多く使われていて、民族調の感じも魅力でしたが、国内生産の布の魅力もこれからは作り手と共に紹介していきたいと思う今回の岩本ちほ展です。染めのすずきあきさんも足利の工房で織つてもらっている「あきオリジナル布」で作品を制作されています。価格は少し高めになりますが、わたしたちの気質には着るほどに馴染んで一体感も増してくるような気がします。国内消費生活に身につけるモノも切り替えていく良い機会かもしれないと布に触れながら思うのです。落語会のチケットはゆるやかな流れでお求めいただいていますので一息です。

岩本千穂・春の服展「ふだん着」

木綿・麻・シルクなどの自然素材で、いつもの普段着ができました、、、と、DMに書かれてある岩本千穂個展のメッセージです。長い長いおつき合いの岩本千穂さんですが、一貫して「普段着」がテーマの個展を数え切れないくらいどんぐりで開催してくれているのです。「ふだん着」というタイトルの個展は、とても新鮮な響きで伝わった時代もあって自然素材の普段着には当初はわくわくした記憶があるのです。千穂さんの服はファンの方も多くいてくださって、軽快でお洒落なファッションが楽しめて選び抜かれた素材感も魅力のひとつなので夏素材に多く制作される綿や麻の「きなりのパンツ」はロングランで多くの方にご愛用頂き、「ちほさんのきなりのパンツ」との愛称で呼ばれているほどです。今回もさまざまな素材の作品がどんぐり空間にひろがって、、、。

 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る