いままでの投稿   2008 8月

秋へ〜元気な器たち展  きのう

初日からの悪天候(かみなりゴロゴロが続いたり、、、)ですが、水留良雄さんの心はとっても元気で、お客さまが少ない時間にはセッセっとお絵かき?、、、です。
何を描いているかというと、ほとんどが猫。たとえば、浅草や銀座あるきの猫だったりお客さまに似せた猫が遊んでいたり、どんぐりを覗きにきた猫だったり、、、と表現は無限にひろがっているようで、その一枚一枚を器をお求め下さったお客さまにプレゼント。「いっぱい描く」とはりきっていて、どうやらどんぐりの壁面を埋め尽くしてしまうほどの勢いで終了時まで描き続けるのかもしれません。
遊び心いっぱいの今回の作品展も、長年の陶歴のひと休み時間なのかもしれないとおもえるほど、どんぐり空間はカーニバルでも観ているような作風がいっぱい。表現されたうつわの中の生物たちは、みんな様々なポーズで活き活きと描かれているのです。
たくさんの方に、気楽に観ていただきたい作品たちです。

今日の「てんてん日記」には、てんさんが選んだお皿が載っていましたので、こちらもごらんくださいね。こんな感じ、、、がわかるかもです。

あらあら、、、また大雨が降ってきましたが、急いでどんぐりに出掛けることにします。

きょうの一日は、どんな時間が待っているのでしょう。

各地に影響がでなければいいのですが、、、、。


秋へいざなう楽しく元気な器たち展

陶房 鳥と花と魚たち と名付けられている水留良雄さんの企画展が今日から始まります。きのうは夕刻の搬入から深夜までの展示となりましたが、タイトル通りに楽しい作品が、次から次ぎへとダンボールの箱から出されてどんぐり空間にひろげられました。久しぶりのどんぐり空間に、懐かしい展示用のテーブルも倉庫から運んであったので水留さんはイメージをふくらませながら楽しそうに展示作業を黙々とされていました。ご近所の解体の時に頂いた神棚(思わずほほえんでしまう神棚でどんぐりにはぴったりでした)も水留作品と共にお披露目です。水留さんとは初めての共同作業ですが、どんぐりにある思い入れの強い什器のひとつひとつを充分に活かした展示を試みてくださりうれしく思っています。制作も楽しめた、、、と言ってくださっている今回の作品たちもなんだか伸びやかに感じます。立体の猫たちはさまざまなポーズでどんぐり空間で遊びだしているようで 猫じゃらし を摘んでいってあげたい猫空間もあちこちにできました。
暑さが戻ってきましたが、夏の終わりの「どんぐり空間でひと休み」にお運び下さい。猫たちも喜んで迎えてくれることでしょう。9/2(火)5時までの開催となります。


長い休みも今日で終わりです

なんとか、休みの間に、、、と思っていた作業は、大まかではあれ片付きました。二の間崩しはまだまだ続きそうですが、自宅の本棚を新調して、どんぐり倉庫を片付け、あとは気ままな整理を残すのみ。完璧とはいきませんでしたが、これからの作業の流れはスムーズに進められるとおもいます。今はがらんとした本棚に、二の間の棚に積み上げてある本や資料を運ぶのが楽しみな秋迎えです。今のどんぐりに移転してから早4年経ち、とりあえず置いた物の整理をこの間に何度か試みましたが、なかなかすっきりとした片付けはできないまま様々な企画展に明け暮れていたので、この夏にはと決意した休みでした。休みの間には秋からの企画展DMも3本仕上げられたので、明日からは今後の企画展を進めていきます。気持ちもたくさん休めましたので仕切直しのスタートもできそう。
今日は夕刻より陶・水留良雄さんの搬入なので、それまでのもう少しの自由時間を気ままにに出掛けてくることにしました。


こんがらがった糸を解くように

だいぶ涼しくなってきましたが、きのう夕方は一時間ほど続いた激しい雷雨にはびっくりでした。どんぐりにいて帰ろうとした矢先の悪天候に覆われてしまい、出るに出られずに。明日こそは、、、と思っていた山積み状態の二の間で、山崩し?にとりかかってみると、あれこれと忘れていたものや探していたものが出てきて、、、自分にしか解らない宝の山?でありました。楽しく今日こそは、、、と片づけ優先を決意したとたんに、思いがけない時間空間が割り当てられ予定変更。これも休み中に、、、と思っていたことなので予定変更もうれしい時間。少しずつ少しずつ団子状になっていた気分の糸も解れてきたような。


 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る