いままでの投稿   2008 11月

片桐武夫「きぎ工房の木々たち」展  

好き勝手に作ったモノ、、、「祭りの夜店気分」で、、、と、一ヶ月ほどまえの片桐ブログには、今回の「どんぐりころころの個展」イメージが綴られていたように、どんぐり空間までもが「祭りの屋台」のような感じに仕立てられている。

祭りの夜店脇の縁台でお茶呑みしているような「お茶場」は「しゃべり場」空間のように、そこからは作品を見ることが出来ない仕組みになっていて、代わりにいつものどんぐり什器に本が詰められ理想のくつろぎ空間に。天井の梁まで延びた棚の両脇の板が上手い具合に、展示空間とお茶場空間の仕切となりおもしろい。

什器の上に積み上げられた作品のテーブルや机が露天で売られているモノのような感じにも見える。

片桐氏の手から生まれ出た木々の小モノたちからの口上も聞こえてきそうな作品は不揃いで楽しい。

ひたすら磨いて磨いて磨いて、、、オイル仕上げで又みがいて、みがいて「勝手に作ったモノ」から、選び手によって「勝手に使いたいモノ」にと変わるであろう「きぎ工房の木々たち」を、ご用とお急ぎでない方は、、まずはお手にとってゆっくりとご覧頂きたいのです。

片桐武夫さんの居る日は  11/29(土)・30(日)そして12/5(金)・6(土)・7(日)です。(最終日の7日は5時終了)

 今日から、「かたぎり縁日、、、?」のはじまり・はじまり。


干支のウシさんたちが勢揃い

小泉すなおさんの干支も届き、陶房のぎ・八木下裕さんのユニークなうしと毎度おなじみとなりました十二支も揃って年迎え気分となってきました。

どんぐりの屋根下にはぐるりと、今年も大家さんのお孫さんたちが飾ってくれたクリスマスのイルミネーションが夕刻より輝きだしています。

寒空のもと、急に人通りの少なくなったフラワー通りですがどんぐりにはたくさんの温かな気持ちが注がれていますので、何かと頑張らねばと思ってはいるものの、このところの急な冷え込みに参りました。

三連休もとっても静かでしたが、きっと何処もそうなのでしょう、、、と開き直りの林典子さんの作品展でありましたが、なんとか終了させたものの もう少し多くの方に観ていただきたかった感が心に残ってしまいました。久しぶりのアクセサリー展は開催時期を詠み間違えてしまっていたのかもしれませんね。

29日からは、どんぐり空間を作ってくれた「きぎ工房・片桐武夫さん」の作品展となります。きぎ工房のブログには、どんぐり展に向けての制作工程があれこれと書き込まれていますので、作品たちの到着をしっかりと受け止めたいとおもっています。
しばらくは個展は控えると言っていた片桐氏ですが、2年ぶりのどんぐり展を入れていただき、どんぐりとしては2008のトリの個展となりますので力もぐっと入ります。

遅ればせながらDMも書き終えて、ちょっと一息の時間。これからの数時間は心の切り替えに気の向くまま出掛けてくることにいたします。

みなさまも、どうぞ心の切り替えに「フラワー通り」と「どんぐり」にお運び下さいませ。ご近所の「犬のはなちゃん」も堂々と気ままに一匹で散策しているのですから。


林典子 シルバーと七宝のあくせさりー展

スプーン型をシルバーでデザインしたイヤリングとチョーカの作品をDMに使いましたが、不定型なリングチェーンのネックレスや銀に七宝・蒔絵や螺鈿で装飾された漆のかんざしなどをリユースしたブローチやイヤリング・緑青使いのブローチなども、林典子さんが手がける作品です。

丁寧に仕上げられたひとつひとつのアクセサリーを見ていると、身につけるものだけでなく、壁空間でも愉しみたい、、、と思うのです。

シルバーの輝きが、静かな時間を受け止めてくれているよなどんぐり空間の林典子展は26日(水)5時まで開催。手にとってゆっくりとご覧いただけたらとも思える作品展となりました。


酉の市のつづき

参拝のあとには、一番の目的である酉の市「大きな熊手を買い求めた時の儀式?」の拍子木の音を聞きたくて、気分任せで拍子木の音が聞こえる方に流れては、あっちでしゃんしゃん、こっちでしゃんしゃん、、、とたくさんのしゃんしゃんに勝手に同席?させていただく。ホストクラブのしゃんしゃんにも遭遇。ホストのひとりひとりが、思い思いの熊手を抱えて、合同で人数分のしゃんしゃんで盛り上がっていたのです。熊手にはそれぞれの名前が書いてありました。映画の世界を見ているような光景にしばし呆然としながら、この集団がそれぞれの車に乗り込むまでを見送りました。それからもたくさんのしゃんしゃんを見て、屋台で食べたり呑んだりとめいっぱい酉の市に浸って深夜の帰宅。日本酒のお湯割りなどにも遭遇した日でもありました。

そして次の日  「熊手は買わなかったの?」と皆さんに聞かれましたが買えませんでした、、、というより買い求めませんでした。
今年のどんぐりには、夏の写真展の折りに戴いた縁起物でもある「昇り龍」の凧があって、この凧に「いい気を込めて」日々向き合っています。

ひとつひとつの企画展の成功を願いながら、きのうまでのちーこーぼ「革のバック」展も無事に終わりました。「晴れ女」なのと自称するちーさんの最終日には暑いくらいの陽射しで実感。お客さまのとても少ない8日間でしたが、いい出合いには恵まれていました。

ちーこーぼ展の合間に抜け出して、見たい作品展の数カ所にも出掛けてくることが出来ました。みなさんそれぞれの場で、素敵な表現をされています。

そして今日からのどんぐりは、林典子さんの「シルバーと七宝のアクセサリー展」でクリスマス気分の作品がたくさん展示されています。久しぶりのどんぐり個展ですので、とても新鮮な感じと同時に、続けていることの確かさを、林典子さんの仕事からも感じています。

酉の市で活気と元気の「いい気の充電」ができたので、また一歩。


 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る