いままでの投稿   2009 1月

「藍染布と織 谷原博・伸子」 展

きりりと藍染布空間となりまして、開期も三日目となりました。
鬼と遊ぶ展に大集合だったオニさんたちを送り出す作業がなかなか進まず、てんてこ舞いの時間は続いてはいるのですが、どうにかどんぐり空間だけは大変身でゆったりとした時間空間が流れて藍独特の力強い色調と藍の香が気持ちのよく体の中に染み渡る感じです。
ふたり(ご夫妻)展の染と織りの世界ですがけして分業の仕事ではなく、谷原博さんは染布・そして伸子さんは織りと、、、それぞれ個々の作品展として各地の広いスペースで発表されているので「どんぐり空間」では少しお気の毒な企画展なれど、毎回のどんぐりだけは特別に贅沢なコラボ展としておふたりの作品を紹介していますので、ふたつの手仕事が同時に観れるのは幸せなこととも感じています。
この機会にぜひ、自然発酵立ての藍色表現・布と糸の世界をご覧ください。


細川貂々さんの新刊が2冊

26日の今日は二冊同時に新刊の発売日です。

  「てんてん手帖」 講談社
 
     なつかしくて可愛いもの、、、てんてんさんが集めたり興味を
     もったものが一冊にまとめられています。 

  ツレと私の「たいへんだ!」育児 文芸春秋社
  
     ちーと君誕生からの日常をユーモラスに描いて、、、。

 二冊の応募券で記念プレゼントというお楽しみ企画も組み込まれています。
編集社さんの違う二冊ですが、「細川貂々のたからものフェア」という試みです。
かわいいい応募券もついている新刊ですので、ぜひ出会ってください。

 なにげない日常をほんわかと楽しくさせてくれそうな本なのです。

昨年の鬼展終了時に、ちーと君誕生の朗報が入り居合わせた全員でツレパパを祝福しました。
あれから一年
身近なツレさんとてんてんさんの育児の日々も本となり今年もうれしいどんぐりです。


鬼と遊ぶ展を終えて

今年も長い開催の「鬼と遊ぶ展」でしたが、お客さまのとても少ない開期でした。
いろいろと厳しい時代に入っているので仕方がないことではあるのですが、年明けの企画展としては寂しい限りでした。
「泣いた赤鬼」のおはなしではないけれども、鬼さんたちと遊んでいるうちに青鬼さんはどうしているのかしら?と心に強く思う後半の日々でした。
最終日の搬出時間後には居残りの鬼たちと、昨年出会った若手の作家お二人とでささやかな〆の数時間を過ごしました。ものづくりでの生活維持はとても大変なことですが、こんな時代だからこそしっかりと自分と向き合って持てる個性を伸ばしていって欲しいとの思いを託しましたが、どんぐりも「交流の場」としての原点を基に出来る限り続けていかなければとも。
鬼と遊ぶ展を開催していると、「節分でなのかしら、、、?」と問いかけられますが、どんぐりに集う鬼たちは「いつもそばにいてココロの力になります」という心の優しい鬼たちなので、縁起物・お守りのような存在で見ていただけるのがと思うのです。
まぁ、解釈のしかたも作り手によっても違うと思うのですが今回もほんわかと人の良さそうな鬼たちの大集合でした。
また来年も「鬼と遊ぶ展」をテーマに新春迎えとは思っているのですが、、、。
この一年の流れをみながら企画したいとおもっています。

そして29日からは「藍染布と織 谷原博・伸子」展を開催します。
透明感のある藍色の数々がどんぐり空間にひろげられることでしょう。
恒例だった2月はじめの「アリさんのペルシャ展」期間に、この企画展を入れました。
自然発酵立て・阿波の藍で独自の染めと織りを見ていただけたらと思っています。


「鬼と遊ぶ展」も最終日となり

今朝は晴れ間もありいい感じで最終日を過ごせそうな気分でいましたが、いつの間にか雨に変わり気温も下がってきたようで気まぐれ天気には心までも左右されそう。
昨日は小春日和?、、、どんぐりドアを開放してお客さま迎えが出来たほどでしたので今日の天候は、ちょっとがっかりの「鬼と遊ぶ展」最終日です。
温かな陽射しのさし込んだどんぐりでは、みんなの笑顔をたくさん感じられうれしい一日でしたのに。
雨日となったどんぐり空間では、どんな最終日時間を過ごすことになるでしう、、、。


 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る