いままでの投稿   2012 5月

行人窯展 

6月を迎えますね。

どんぐりは 6/2(土)〜陶 行人窯展をはじめます。

その作風のうつわたちは 長年どんぐりのお客様にも親しまれてきました。

久しぶりの作品展となる今回は特別な思い入れがあります。

土曜から土曜の開期には 行人窯の愛子さんが居て下さいますので うつわ談義にお運び下さい。

木曽の山あいに工房を築き 28年の歳月が流れました。

さまざまな思いを胸に どんぐりでの作品展は行人窯にとっての新たなスタートの一歩になればと思っているのです。

ゆっくりと うつわたちに触れて頂ければ幸いです。

清瀧神社・どんぐり前まで続く祭り提灯の点灯式も6/2(土)夕刻〜。

神々に守られているような浦安元町の祭り迎えの空気感は清々しく過ごせそうな月に。












赤のうつわ

ふっくらと丸みをおびたうつわたちから 陶土のあたたかさが伝わってくる。

赤の器には どんな食材を盛ったら映えるでしょう、、、と、旬の素材をイメージします。

日々の食卓には馴染みの無いような赤のうつわは 使ってみると素敵な時間もやってきそうですね。

長年にわたって赤のうつわは制作されてきましたけれど 今回は米沢雄二さんお気に入りの「赤」。

家のカタチをした「箸置きの赤」もほほえましく仲間入りで 小さいながらも存在感は伝わってくるのです。 

 米沢雄二 作陶展







白・赤・黒 のうつわが並びました。

金環日食を見られたきのう、岐阜から運ばれてきた米沢雄二さんの作品です。

初夏の服と素材たち展の片付けを終え いつものように什器の大移動を済ませての展示。

旬の食材を楽しめそうなシンプルなかたちのうつわたちに 食のイメージはひろがってくるようです。

DMに載せた「赤の碗」には何を盛りましょう、、、との問いかけに 「タケノコご飯!」と即座に返ってきて納得。

気温は下がり雨日の初日となりましたが、家ごはんのあれこれををイメージしながら うつわを見ていただくのには心落ち着く優しい天候日かもしれません。

どんぐりの建物を包み込むように設置されている紅白のビニールテープで巻かれたポールと紅白交互に吊されているいくつもの祭り提灯。

展示された「赤白と黒のうつわたち」の色分けは、外と内との共通の空気感を放っているような米沢雄二展のはじまりです。





変わらぬ祭りの準備

初夏の服と素材展を開催中のどんぐりですが、昨日の15日には大雨の中を紅白のテープを巻いたパイプが通りの入り口からどんぐりまで設置されました。

4年前の祭りの準備も同じ日にポールが設置されて、吉野けいこさんの人形展を開催していたのです。

どんぐりの企画展の内容には なんとなく違和感を感じてしまう紅白のポールですが、祭りの気をぐっと感じる瞬間でもあり これからポールには提灯が提げられ、祭りの準備は着々と進められていくのです。

きょうは温度がぐっと上がり夏日のような日中でした。

明日で初夏の服と素材たち展を終え 22日からは米沢雄二 作陶展を開催します。

19日は11時ころからオープンする大貞さんの月に一回の「おさかなカフェ」に繋げられる路風舎でのイベントも考えてみましたが、今回は準備不足でしたので今後の課題に。

祭り準備の熱気も伝わってくる元町を この日はゆっくり散策してみようと思っています。



初夏の服と素材たち展



たくさんの服や素材たちが届いた初日には、途中から天候が急変していっときの大雨。

お客様の足は途切れて、閉店までの静かな時間を過ごしながら展示を考えました。

デザインも素材感も異なる作り手ひとりひとりのこだわりが、作品をひろげると伝わってきます。

展示によってその存在感も違ってくるので、楽しい作業なれど大変。

きちんとした展示と 個々の作風がつかめないままのお客様迎えは、いつも数日続きます。

お客様と共に作品をひろげながらの自在な組み合わせの発見も有意義なひととき。

はっ!とさせられるような組み合わせに遭遇すると心弾みます

17日(木)までの開期は、それぞれの感性で作品たちに出合ってくださるとうれしい時間。

どうぞゆっくりと素材たちに触れていってください。

今日明日は、近隣のお寺さん(清瀧神社となり)の敷地にある久助稲荷さんの大祭があります。

屋台も出て、設置された舞台ではさまざまな催し(神楽やカラオケ大会など)があり、どこか懐かしさを感じる毎年この時期の2日間。

小さな旅気分で 浦安元町にお運びください。

4年に一度の浦安三社祭の各町内準備光景にも 町歩きしながら活力を感じる浦安元町の空気感でいっぱいです。





初夏に服と素材たち展



今日もまた 搬入日は雨模様。

夕方から大雨を向かい入れましたけれど、作品たちの入った宅配便を受けた時間は雨を避けられました。

季節にあった創作服はたくさん到着。

綿と麻が心地よくどんぐり空間にひろがりました。

工房から届けられた素材たちにもこだわりがあり かわいいいお値段の付いたタグに微笑ましさも感じます。

一週間の開期は 素材たちに触れにお運び下さいますよう。






まったりな時間を過ごしたので

連休前半に終了したまえたいちろうさんは、3日後に長野に戻られました。

ライブ終了後の翌々日に搬出を決めていたのですが、搬入時と同じような雨にぶつかり車に荷物が積めずでした。

ようやく夕方に雨が上がり 空気の澄んだフラワー通りには月も出て清々しく車に作品を詰め込めたものの夜となり、もう一泊。

この日は 思いがけずの打ち上げもF氏のお店でできました。

まえたいちろう展の開期は、天候不順でお客様の少ない時間を過ごしていましたので なんだか路風舎時間はまったりとして、、。

どんぐりも 居ながらにして まえた空間ですっかり休日気分なども味わってしまいました。

開期の中盤は 路風舎の路地に入る入り口の大貞さんでは「おさかなカフェ」の日。

ビールやワインを飲みながら海鮮を食べられる月一の「おさかなカフェ」で活気づき フラワー通りは小さな旅気分感にもさせてくれていました。

この「おさかなカフェ」の次回は 5月19日(土)です。

どんぐりは、次の企画展「初夏の服と素材展」が17日に終わるので、19日は路風舎の庭を「おさかなカフェ」に繋げられないかを考えています。

その前に 次のどんぐり企画展に力を注がなければなりません。

浦安の元町は 6月の4年に一度の三社御輿祭の準備で、各町内はこどもの日に一斉に神酒所の準備に取りかかっていました。

久しぶりに爽やかな五月晴れとなった5月5日は 通りのあちこちで男衆が祭りの準備に働いている姿が心地よく映った日。

週明けの今日からは 気持ちを切り替えて進みましょう。

きのうは 6月の企画展DM版下を、どんつれとともにようやく完成。

今回は特に思い入れの強い企画展ですので、なかなか思うように出来ないでいた作業もはかどり気持ちも落ち着きました。

長い長い時間を このDMに費やしてきたので、10日からの「初夏の服と素材展」の欲張り企画にしっかりと向き合えます。

綿と麻、、季節を感じる素材たちを触れにゆっくりとお運び下さい。

今回はどんぐりスペースで開催しますので、ぎっしりと盛りだくさんの作品たちを楽しめそうですよ。




路風舎のおひろめライブは

大雨になってしまった、ガラス・前田一郎さんの最終日。

夕刻からのライブを企画したものの、風雨の中 お客様のお運びが心配でしたが、大勢の方にお集まり頂けました。

前田一郎さんの空気感にぴったりな風博士さんとやすみさん。

路風舎の庭を背にしたステージで、雨に包まれたゆったりとしたライブ時間が流れます。

客席は たくさんの差し入れもあり、呑みながら食べながらの大宴会ライブのようにも。

浦安がご実家という風博士さん。

同級生とそのお子様たちもたくさん集まってくれていました。

路風舎でのライブも実現でき、さわやかな充実感で前田一郎展の開期は終了です。














 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る