いままでの投稿   2012 6月

さぁ!何からはじめましょう

・・・・という時間を過ごしています。

7月末まで企画展の予定を入れずにいるので、DM作成や宛名書き等。諸々の準備からは解放されています。

ずっとこの長期の空き時間を待っていて、出来なかったことをしましょうと心に決めていました。

でも、やりたかったこと・やらなければいけないことがどっと降りかかってきて呆れるほど放置していた状況に押しつぶされそうな現実。

毎度のことながら、「一つずつしかできないのよ!」の言葉に背を押されながら手当たり次第に身体を動かしています。

この期間 どんぐりは常設展示と決め込み、数々の企画展中には観て頂くことのできなかった作品や新たに制作されて届けられる作品で空間はいっぱいになりました。

祭りの勢いに乗せて、居残り組?の干支「龍」たちもご登場。

企画展のようにDMはお出しできずにいますので、告知もせずに開けているどんぐりにはお客様は期待の程みえませんが、お運び頂いた方との大切な会話の時間はゆったりと楽しんでいます。

こんな時間も、なかなか出来ないでいたひとつ。

4年に一度の大祭には、どこから人がやってくるのでしょうと思えるほどに祭りの賑わいは幻のように消え去り静かな通りに戻りました。

ぽっんと取り残されたような浦安元町フラワー通りの「どんぐりころころ」という居場所で、これからのことなどもゆっくり考えているのです。

文化財の建物・神社・お寺・銭湯・老舗の残るこの通りは、爽やかな風が吹き抜ける地域。

この通りと どんぐりを活かしていくにはどうしたらよいものかと、いつもいつも思ってはいるのですが、、、。

そんなことを思いながら、フラワー通りでは12年ほどの歳月が流れました。

縁あって、昨年末から 創始空間・どんぐりころころ路風舎という分室も、私の好きな路地裏に出来ました。

まだまだしっかりと可動は出来ずにいますが、心地よい風を取り込める場と考えています。

いまの状況の中では贅沢なことのようには思えるのですが、やはり先のことを大きく考えると必要な場のような気がするのです。

見えない先の不安にも押しつぶされそうなこの頃、心のと身体のバランスを取りながら進むしかありませんね。

ようやくこんな心境になってきました。

温かく見守っていて下さるみなさま、改めまして原点に立ち戻りどんぐりを進めますので今後ともよろしくお付き合い下さい。

さぁ!きょうも心のままに出来ることからはじめます。

いちばん贅沢で幸せな時間を頂けているのかもしれません。

勝手ながら不定休にしている日々ですが、留守電に毎日の予定を入れています。

お運び頂けるようなお時間がありましたら、お問い合わせのうえお運びくださるようお願いいたします。



祭りを終えて

ぽっかりと時間は過ぎてしまいました。

6月の行人窯展で どんぐりは上半期の企画展を終えました。

しばらく休んでいましたが

昨日から常設で開けていますので また このブログもゆっくり再開いたします。


浦安三社祭

いよいよ浦安三社祭のはじまりです。

元町地区(堀江・猫実・当代島)の各町内御輿を合わせると100基ほどになるそう。

あすは御輿に御霊を入れる宵宮。

夜8時ころに各神社で御霊入れを済ませた御輿は一斉に通りに担ぎ出されるのは圧巻ですが、今回は清瀧神社の宮御輿が50年ぶりにフラワー通りを渡御するそうなのです。

昨日あたりからあちらこちらの神酒所にお囃子の音と共に御輿が納められる光景を目にして気分は高揚してきているのですが、どんぐり前を宮御輿が通るというのもわくわく感があります。

どんぐりは清瀧神社前の宮前会に入っているので、今日は朝から仕込みのお手伝い。

何十キロのタマネギと枝豆の下準備には久しぶりに充実の時間を過ごせました。

17日までの三日間は祭礼スケジュールがびっしりと入っているので、その手伝いのため店主は不在がちですがどんぐりは16日のみスタッフが開けていてくれる予定です。

祭り見物の折りには、どうそフラワー通りにもお立ち寄り下さい。

まえだ!まえだ!の御輿の掛け声に乗って、どんぐりはたっぷりと浦安三社祭を楽しんでいます。








行人窯展の日々





週末から始まった行人窯展は懐かしいお客様にもお運び頂き、ゆったりとした時間が流れています。

粉引・織部・黄瀬戸・焼き〆・染め付けのうつわたちは、薪窯で焚かれ 初々しくどんぐり空間に並べられました。

飯椀・鉢・酒杯・・・大切な方へのプレゼントに使いたくなるような行人窯のうつわ。

長年の間には、どんぐりでの行人窯展も幾度かありましたけれど 作者在廊の個展は今回が初めてなのです。

それぞれのお宅で親しんでお使い頂けているご様子はお客様お一人お一人から伝わってきて、作者にとってはうれしく有意義な毎日。

浦安元町三社の御輿祭りも近づき 6/2の初日には神社を囲むように設置されている祭り提灯の点灯式を迎えた日。

今回の行人窯展は 脇田正行さんの遺作展ではありますが、これから独り立ちする愛子さんの門出でともなる作品展となりました。

夕刻から灯される祭り提灯の灯りには神聖な空気感が宿っているようで幾つもの思いを重ね合わせてしまいます。
























 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る