いままでの投稿   2012 7月

深田容子 夏の陶器を楽しめる展

昨日・今日とどんぐりに展示してあった あれこれの作品たちは路風舎にお引っ越し。

深田容子展の搬入で、久しぶりにどんぐり空間の空気が変わりました。

シンプルなうつわたちは、盛るもので存在感を発揮する深田容子さんの作品。

開期には食の話にも花が咲きそうな感じです。

オリンピックの開会式〜今夜は浦安市の花火大会がありました。

元気に夏日を過ごせそうな気分にもなり、深田容子展をはじめます。


29日(日)〜の陶・深田容子展までに

6月の行人窯展から、久しぶりの企画展です。

このところ どんぐりはのんびり常設で開けていましたが、お客様のお運びはほとんどありませんでした。

ご案内も出さずに不定休でいましたので仕方のないことではあるのですが 通りも静かです。

祭りの賑わいが幻だったような気さえしてきました。

それでも毎日仰ぎ見ていた夕景に癒されながら過ごした日々。

気がつけば真夏日を迎え、ぼんやり過ごしていた時間も悔やまれるほど新しいイメージがようやく沸き出してきましたので実行に移してみることにしました。

ほったらかしていたあれこれも山積みですが 深田容子展の搬入ぎりぎりまで頑張ってみようと思います。

 突然ですが。。。

   関係者各位のみなさま

  金曜(27日)の午後からお手伝い(猫村さんお呼びしたいような)をお願いしたいのです。

急な呼びかけではあるのですが、お時間が大丈夫そうでしたらどんぐりの留守電か携帯にご一報いただけないでしょうか。

 よろしくお願いいたします

どんつれのサプライズから 昨日で一年が経ちました。

この一年は 覆い被さるように、身近にいて力にになってくださっていた方たちとの悲しい別れもありました。

何を聞いても見ても心に響かず 立っているのもやっとの日々も多々ありましたけれど

ここまでなんとかやってこれましたのも、多くの皆さまに支えていただきましたおかげです。

このところようやく 縮こまっていた心が少しずつ動き出してきた感じになってきましたので、とりあえず浮かんできたことから始めてみるつもりです。

不安定な気持ちは隠していても、接する方には伝わってしまうので まずは自分の気持ちを元気にしなければいけませんね。

リフレッシュして深田容子展の開期を迎えたいと思っています。

真夏日の企画展ですが、どうぞ皆さまお運び下さい。

初心に戻り、どんつれと共にゆっくりな歩みで どんぐりと路風舎を進めていく決心もできました。

陶・深田容子展は そのスタートでもあるような気がしているのです。


さぁ 次なる時間にと思っていたら

思い描いていた先週の流れが変わってしまい ゆっくり書き込みも出来ずでした。

ようやくいつものどんぐりに戻りつつ、新たな展開を考えられるようにも。

7/29(日)〜8/4(土)までの、陶・深田容子展まで、のんびり常設(不定休)で開けながら 出来ることから少しずつ、次なるどんぐり時間に繋げます。


次の時間に

路風舎での七夕ライブ当日、どんぐりでは笹飾りした直後の雨。

いつものように作って届けられた笹飾りと短冊、、そして一年間に開催した企画展DMを提げました。

前日に届けられた笹は、今年は小さいものだったけれど青々としていて清々しさが一層 雨の中で輝いて映っていました。

雨に打たれてしまった笹飾りでしたけれど、浄化され天に願いが届けられたような気がしています。

路風舎でのライブは、5月に引き続き今回も雨の中。

室内に飾られた笹は楽しそうで 庭を背にして設営されたステージは、草木の緑を感じながら心地よい響き客席に届けてくれていました。

雨の中お運び頂いた皆さま ありがとうございます。

どんぐりはライブの余韻を感じるまもなく終了後には、浦安舞浜ホテル会場での「すなっぱたき」に。

未だに すなっぱたき(祭の打ち上げ)の語源は聞かずにはっきり判らないでいますが、大祭の無事を祝い宮前会の総勢130人ほどが集った宴も終えました。

会場に設置されたスクリーンに映し出された三日間の大祭映像から「まえだ1まえだ!」の掛け声。

4年後の大祭まで、まえだ1まえだ!と進むことにしましょう。

今 浦和の楽風さんで開催されている 小泉すなおさんの天仰ぐシーサーたちと会ってきました。

ぼんやりと小泉すなお展の空間に身を置いていたら、作品たちからも背を押されたような。

ふんわり心軽くなり、気持ち新たに次の時間に進めそうな感じです。


 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る