いままでの投稿   2013 3月

陶房・のぎ展 と ミチクサクーシャ展

ふたつの企画展  はじめとおわり。

桜の花も満開となり 花冷えに体調管理は大変ですね。


どんぐりでの陶房のぎ展は 最終日となりますが 

路風舎にて ミチクサクーシャ展がはじまります。


おさんぽがてら ふたつの作品展をご覧いただきたいと思うのですが

天候が気になるところ。


まる一日掛けた ミチクサクーシャてんの搬入に

たっぷりと その世界も楽しめそうです。


ミチクサクーシャ展 [路風舎にて]


号外編 はんこ屋さんが来ます! 

路風舎にて 

 遊印・望月信幸さんの「一日だけの はんこ屋さん」

あした 3/25(月) 13:00〜18:00


この季節 大切な方へのプレゼントなどにも いかがでしょうか?

ご相談しながら お一人お一人に ピッタリと合った印ができるように制作を承ります。


路風舎の庭にも 春の芽吹きが感じられますので どうぞお運び下さい。
       


陶房 のぎ (森山淳・津村郁美) 二人展

当日搬入の陶房のぎ展は 始まりました。

浦安の桜も満開を迎えた週末の土曜日は お花見日和。

川沿いの桜の木々たちに優しく包まれながらの初日迎えです。


18日の月曜に 「小さな宝ものたち展」を終えてからの予定はぎっしりと詰まり

その合間に どんぐり空間の片付けをしなければならない4日間でした。


一人で片付けるのには限界を感じた頃に 助っ人のご登場。


お彼岸に不思議な力が降りそそいできたような タイミングの良さで

床掃除までも完璧にしていただき 久しぶりにスッキリとしたどんぐり空間に。


気になっていた作品展を観に出掛けることも出来ました。


出先では 各所での偶然の出会いも多く やはりお彼岸のご加護かも。。。と思った日。


おかげさまで 陶房のぎ展空間の初日をゆったりとした気分で過ごすことができ安堵です。


どんぐり空間でお花見をしているような うつわに描かれた草花たちにも こころ癒されるのかもしれません。


天井から吊された ランプシェードの灯り スタンドの灯りにも 花々は満開。

春の宵を愉しみたい作品の数々は空間いっぱいにひろがりました。


一点一点を ゆっくりと観ていただきたい 陶房のぎ 二人展は30日(土)までの開期です。

お花見気分で どうぞお運び下さい。





 

路風舎の写真展と どんぐり 小さな宝ものたちは

無事に終了。

路風舎の写真展には 連日たくさんのお客さまにお運びいただけたようです。

大西みつぐさんと 東京綜合写真専門学校・ゼミの学生たちによるイベントも交えた「ゼミの終了展」は 路風舎にとっての新たな試み展となりました。


どんぐりでの「ちいさな宝ものたち」は 準備不足のままに長い開期を過ごしていましたが

たくさんの作品をひろげたことで 見えてきたものがありました。

今後のどんぐりに活かせるとよいのですが・・


あしたから コツコツと片付け作業に入り またスッキリと23日(土)〜の陶房のぎ展に繋げます。


「どんぐりの小さな宝ものたち」は また時折にカタチを変えて企画展示していくことにしました。

4/20ころから 路風舎での展示も考えています。




路風舎 写真展のごあんない

16日(土) 18時〜    

  「発光する家」と題して プロジェクション マッピングを。

      
      映像を 壁やモノに投影する映像技術のようです。


17日(日)  13時〜

   庭で「日光写真」を。


         15時〜
   
    ワークショップも


 大西みつぐさんチームは なにやら写真に関する楽しいことを提案して下さるようです。

    参加無料のイベントですので ご参加下さい。




この時期 なにかと落ち着かない天候ですが 春は確実にやってくるようで 路風舎の庭でも 草花たちの芽吹きが感じられてきました。

  どんぐりと路風舎は ふたつの異なる企画展ですが フラワー通りの周辺を散策しながらゆっくりと観ていただきたい空間です。


久しぶりに このブログにも(3/10記)画像が添付されました。


おさんぽカメラ Fご夫妻のご厚意で。


ときどき おふたりの視点で どんぐりをご紹介下さるのだと思います。

ブログ書きも楽しみになってきました。



 

    



路風舎で写真展

母の容体は安定してきまして リハビリ室で歩く訓練も出来るようになりました。

一時は どうなるのやらと思っていただけに、改めて 母の生きる力には驚くばかり。

毎日様子を見に行き 午後には どんぐりを開けていることができました。

丁度 おさんぽバスのコースに病院はありますので 見舞いにも無駄のない動きが出来るのも幸いだったこと。

母と お世話になっている先生や看護スタッフの方たちとの 明るいやりとりに心が救われます。

ベットに腰掛け 自分で食事も出来るようになっています。


気がつけば4月も中旬に入りますね。



明日からは 路風舎にて 東京写真専門学校  大西みつぐクラス展を開催。

「冬、浦安」と題した写真展です。

今日は半日掛けて 展示をしていましたので どんな展示でお客さま迎えができるのか楽しみです。

20代前半の 宮澤響・徳重裕次郎・長山健吾  そして講師の大西みつぐさん。

この冬 それぞれの浦安を どんなふうに撮っているのでしょう。

展示にも熱が入っていましたので 路風舎の新たな使い方も垣間見れそうです。 

サプライズが期待できそうな感もあり。

大西みつぐチームに背中を押されながら どんぐりでは「小さな宝ものたち」を18日(月)まで続行しています。

   少しずつ展示替えしながら。

ぜひ 二つの会場にお運び下さい。


穏やかな天候の開期でありますように。


「どんぐり小さな宝ものたち」


「冬、浦安」


 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る