いままでの投稿   2013 7月

ま夏の4日間 まえたいちろう 路風舎のがらす展

8/1(木)〜8/4(日)まで 

いつも こうして 長野から路風舎の向けて発信して下さる まえたいちろうさんの 企画展です。

本人から届いた案内は 枚数がとても少ないので さて どうやって皆さまにお知らせしたらよいものやら、、、と 思いつきの 行き当たりばったりの 配信続行中。

常設では どんぐりを開けているものの 水留展以降のご案内は作成していないので  皆さまには 長くご無沙汰しているような感じでいます。

多くの方々に お運びいただきたいのですが このところDM発信効果の手応えがあまり無いようなので いろいろ思案しながら 「どんぐりころころの夏」を過ごしているのですが。

今は お客さまや 作家さんたちが 配信下さる フェイスブックやブログなどが 集客の頼みの綱に。

展示が煮詰まっていた常設では 週一で路風舎に風を入れに来て下さっている Aさんが 布物の楽しい展示を試みてくれましたので 気分が変わってきました。

ま夏の4日間 どんぐりと路風舎に まったりと小さな旅気分でおはこびください。

旧 宇田川邸と大塚邸では 重厚感のある涼も感じていただけますので。

フラワー通りを 吹き抜ける風も なかなかいいのです。

このところ 我が家の階下では 緑地整備が終盤になりつつ 先週はピンク花を咲かせた樹木が植えられたかとおもったら 昨日は大雨の中 芝生の植え込み作業で たくさんの作業員の方たちが 芝を植え付けていました。

居ながらにして 贅沢なことですが 区画整理され造られた公園感で 各戸のベランダを客席に お芝居が出来そうな空間がひろがりました。

行き交う人たちを観ながら 空想はひろがるのですが この公園?をデザインした人は どんなイメージで設計したのか お会いしてみたくなりました。

気がつけば路風舎は いっきに草が伸び放題となり さてどうしましょう。


なつかしいような空間

ご無沙汰していました。

気がつけば 毎日がどんどん過ぎていて 今 どんぐり空間は 所狭しと作品をひろげながら開けています。

暑かったり 涼しかったりと 日々の体調管理も大変な夏ですね。

どんぐりは 午後1時過ぎからのオープン(日・休み)ですが ゆったりとお運びいただき それぞれの視線で作品たちに触れていただきたいと思っています。

どんぐりの足跡を 少しでも感じていただけたら、、、と。


「どんぐりころころの夏」 と 題して オープン

久しぶりに涼しい日です。

企画展をしばらくお休みしての常設で開けていることにしましたが どんぐりの看板にタイトルが書かれていないと なんだか気抜けな感じがしてしまいました。

毎年「真夏日のあれこれ」がタイトルですが 今回は 晩秋まで常設を続けるので シンプルですが「どんぐりころころの 夏 と 秋」の 展示で進めてみようと考えています。

「旬」な作品と 「なつかしい」作品 を どんぐり空間に展示してみることにしました。

どんぐりには いままでに出会ってきた 多くの作家さんたちとの 出会いのきっかけになった作品がたくさんあります。

時代の流れの中で これらの作品たちは 今の時代には どんな感じで映るのだろうか。。。と。

季節感を出しながら 展示できるとよいのですが。

長年 温めてきた作品たちは おひろめも兼ね展示販売しています。

古本屋さんで お目当ての古書を探すようなのような ワクワク感で お運びいただければ幸いです。

多くの方の目に触れていただきたかった 所蔵の「紙芝居」も(販売はできませんが)出しています。  

 どうぞ ゆっくりとご覧になってみて下さい。
        
              

  OPEN 1:00過ぎ〜6:30  (日・休み)

    できるかぎりこの時間帯で開けているつもりですが 
          都合により休むこともありますのでご了承ください。

    お問い合わせ 047−352−0778 どんぐりころころまで


路風舎にて 

14日(日)路風舎での「直書観音」じっしょかんのん という 書とフルート演奏の即興パフォーマンスには 暑い最中 たくさんの方がお運び下さっていました。

かえる をテーマに 涼やかな浴衣姿で路風舎の壁に貼られた大きな和紙に フルートの即興演奏と響き合いながら かえる というさまざまな文字が書かれていきます。

公演が始まった4時には 偶然にも合わせたように雷雨が降りそそぎ 不思議なエネルギーを感じながら 公演は進められていきました。

庭でのパフォーマンスのころには 雨脚も弱まり おおきくひろげた和紙に筆を走らせる 白石雪妃さんと フルートのMIYAさんの奏でる音色が 路風舎の庭に やさしく響き渡っていました。

公演の最終には 雨上がりの カエル? に掛け合わせたような感じの ひとこまも。

路風舎に またひとつ 刻まれた時間でした。


 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る