いままでの投稿   2013 8月

8・31(土)〜9・3(火)休みます

8・31〜9・3までの この期間休ませていただきます。


八月も 終わりですね。

夏はゆるやかに 午後からゆっくり開けていたどんぐりですが 秋からの時間を考えながら過ごしていました。

なかなか先の名案は浮かばずでしたが。。。

そうこうしているうちに 専用のパソコンが使えなくなってしまいまして 閉ざされた感じにも。


夏の間も 各方面から さまざまなご案内をいただきながら なかなか諸事情もあり出かけられずにもいましたので そろそろ出かけてみたくなりました。



合間を縫って 少しずつ行動してみます。

新たな空気を どんぐりに運び入れたいと思いながら。




季節迎え

少し秋風を感じてきましたので 思い切って什器の配置を替えてみました。

いつも見慣れた展示台も また違った景色に見えて新鮮です。

どんぐりを始めた頃は 狭い空間をあれこれ考えながら まめに什器の配置替えしながら様々な分野の作品を展示をしていた事を 動きながら思い出しました。


作品の一つ一つは 展示の仕方で視点も変わってくるので楽しい作業でもあります。


ふらりお運びくださる方々には どんぐりにある作品たちは どのように映るのでしょう。

残暑の中 どんぐり空間でも 秋の気配を感じていただけたらと思いながら 展示替えを続行中です。

みなさま 様子を見にお運びください。 

どんぐりころころの秋

雨が降ったせいか 夜風は少し涼しく感じます。

お盆を過ぎた今週は 通りの数少ない商店は盆休みに入り 一段と静かな通りとなりました。

24(土)25(日)は川向こう 猫四さんの盆踊り。

毎年 この盆踊りを観て どんぐりは夏を終える気分となります。


今日は 「どんぐりころころの夏」〜「秋」に看板を書き換えました。


何かと毎回 どんつれの作成してくれていたポスターを入れ替えていたのですが パソコン作業が出来ないでいるので 原点に立ち返り 店主自らのつたない手描きです。


こんどこそ!と この夏はしっかり片付け 二の間に学びのパソコンを置くまでが目標でしたが 暑さに負けて流されていた時間。


どんぐりを開けながらの作業は きついものがありましたので お運び下さるお客さまとまったり過ごしてきた真夏の日々でした。


掃除機の無いままでいたどんぐりに Kさんより掃除機を戴きましたので本格的な清掃からはじめることにいたしましょう。

どんぐりも 夏休みの宿題を課せられていた感じですので 8月中にはなんとかしなければと思いつつ お掃除・片付けの得意な方に 助っ人をお願いしたい気分です。





満月

お盆を過ぎ 夜空には満月。

月を仰ぎ見ながら 天空から元気を注ぎ込まれているよな気分の帰り道。

フラワー通り・ どんぐりころころの夏時間は続行中です。

まだまだ暑さからは開放されそうもありませんね。


    残暑 お見舞い申し上げます


盆踊り

暑い日が続いていましたが きのう・今日は浦安元町の盆踊り。

今年も踊りの輪には入れませんでしたが ぼんやりと見てきました。

盆踊りの空気感を感じているだけでも 今年の夏も無事に通り過ぎるような気がしてきます。

どんぐりは 盆期間も開けていましたが 例年のようなお客さまの流れはなく 静かに時間が過ぎました。

お盆が終わると そろそろ秋のイメージに展示を替えなければと思いますが まだまだ暑さが残りそうな8月。

秋はどんなふうにやってくるのでしょう。


どんぐりころころの夏 盆期間

展示替えをしながら 開けています。

浦安元町・フラワー通り周辺はお寺さんも多く この時期は、お参りに行き交う人で賑わいます。

ほとんどが早い時間のようですので どんぐりを開ける午後には閑散としてしまいますが、、。

向かいの天哲さんの厨房から聞こえてくる おかみさんの接客の声を聞きながら どんぐりも「気」を戴き。

このところ猛暑日が続きますが 逝かれた方を思い出しながら 毎年この期間を過ごしていますので

遅ればせながら 少しずつ展示のご紹介をします。


 樹皮のかご  高嶋美枝子  
 

 ガラス  まえたいちろう・田中恵美


 陶のうつわ   小泉すなお・行人窯・中山典子・深田容子・竹村良訓

         米沢雄二


 布もの バックや服  アトリエSO・岩本千穂・Teilen・クルマキ・clothtailor・

             そわか・田中絵奈・チョロバザール

 木のモノ   きぎ工房・ 谷口みどり・アトリエムーン・みつい


 アクセサリー  高椅桂子

 遊印・印譜  望月信幸

 造形  山上伸治・千里


     どんぐりコレクション え・と・せ・と・ら


日々の暮らしに寄り添えるようなモノ見つけに ふらりお立ち寄り下さい。





四日目 最終日のガラス展にも

この日も たくさんの方に お運びいただきました。

まえだいちろうさんの 長年培った 不動の人気に 改めて敬服。


暑い最中 路風舎の冷房設備の無い中 お運び頂いた皆さま 

ありのままの 路風舎空間に身を置いて頂き ありがとうございます。


路風舎おでんを 召し上がって下さったみなさまにも ありがとうございます。



開期の4日間は まったりとした空気感に包まれていた まえたいちろう展でしたが

終了後は バタバタと搬出作業を終了させ 長野の工房に戻られました。


路風舎には 置き土産?の扇風機と 作品の一部を残して、、。


とうとう 風鈴の音は どんな音?を引き出せないままでした。


まえた作品は 引き続き どんぐりでもご覧頂けます。

夢か 幻か、、、と思うような 4日間のゲリラ?展を終え 

どんぐりは ぽっかり穴が開いたような一瞬でしたが

夏の常設に 気分を切り替え どんぐりを開けていますので

どうぞお運び下さい。




 

 ま夏のがらす 3日目 

遠方からのお客さまも多く 流れが途切れることのない熱い一日。

終了後 がらすの灯りに包まれながら路風舎の縁側で Kさんから戴いていた 線香花火に火を付けました。

ぱちぱちと音が聞こえてきそうな火灯りを見つめながら 心が浄化されるようなひとときの時間。

手元の花火を楽しむのは 何十年ぶりでしょう。

真夏の路風舎 まえたいちろうさんのがらす空間と線香花火、、、優しく美しい情景です。

夕暮れには お母さんに連れられて来てくれたA少年と 近所の駄菓子や重兵衛さんにも行き お目当てのお菓子を求めに集まってくる子供たちの世界も垣間見たり、、と。

居ながらにして 旅をしているような時間も過ごせるのは 浦安元町・フラワー通りの空気感かもしれません。






 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る