いままでの投稿   2014 3月

常設を

3/25〜27(1時〜6時) 3/31〜4/5(1時〜6時) の期間は 企画展の準備をしながら常設で開けています。


 4/7(月)〜4/13(日)は

   陶と裂織りたちのコラボ展
      
      陶・中山典子 裂織りミシンワーク…田中絵奈

路風舎にて
  4/12(土)〜4/16(水)

   がらす・前田一郎展


しばらくは 月一くらいの企画展を入れながら 合間に季節を感じていただけるような空間展示も見ていただけたらとおもっています。

どんぐりは 午後からの のんびりなオープンですが  お散歩がてらお立ち寄り下さい。


 暖かくなり創作のイメージもふくらむこととおもいます。

どんぐりと路風舎で 作品展等のご要望がありましたら いつでもお問い合わせ下さい。



  


陶・深田容子展 最終日

縁側から射し込む春の陽が 温かく感じられ ゆったりとしたお客さま迎えのお彼岸の開期。

深田容子展も 最終日となりました。

うつわたちには どんな食材を盛りましょうか?

シンプルな器たちだけれど イメージがたくさん沸いてくるのです。






陶…深田容子展  お花の会は

路風舎で 初めての会を企画すると 必らず 不思議と雨に。

花の会イベント日も 冷たい雨の中で開催されましたが ゆったりと時間は流れ 雨に包まれた庭に見守られるように会は進められていきました。

活け込みに使う 一本一本の花たちは 丁寧に説明されながら お集まりのみなさまに配られていきます。

花の会を主催下さったユキコさんは いっぽんいっぽんの説明に 花の置き場から種類ごとの花束を運んでは配り 運んでは配り 見学者の私からは 上手に入っては出 入っては出といった感じで まるで舞台を観ているような光景でした。

スルバキア・ニゲラの実・ナズナ・菜の花・バイモユリ・パンジー・ルピナス・ムスカリ・ラグラス・エンドウ豆・スカビオサ(まつむし草)シンシア(チユーリップの原種)・風鈴花 を13種。


一輪一輪と向き合い 花との対話を楽しみながら 風の方向をイメージして活けられていく花たちは 愛おしいほどに 容子さんの器たちに寄り添っていきます。

イベント用に 制作された器の中からお選びいただいた 片口やコップ。

そして 展示作品の中から一点を選び それぞれが二種の活け込みを楽しみました。

最後には 路風舎の庭を背景に 土鍋に全員で寄せ活け込みをして終了。

季節の花たちは うつわの中で お互いを引き立てながら やさしく語りかけてくれているようです

路風舎によく合った やわらかな空気感の深田容子展 ユキコさんの tunagu 花の会イベントでしたので またいつか企画できたらと思います。

持ち帰りの花たちを ユキコさんが丁寧に包まれて おひとりおひとりに手渡されていくのが印象的でした。

日曜日まで 深田容子展は続きますので ユキコさんが活け込まれたお花も作品と共にご覧いただけますので 浦安元町をおさんぽがてら 路地空間の路風舎にお運び下さい。






tunagu  花の会 イベント

3月20日 13:30〜花の会 (要予約)

 ※深田容子さんのうつわに花を活けましょう

。。。という イベントです。

花の会 開催時間帯も 深田容子展は観ていただけます。


一昨日は 

展示空間のうつわたちにやさしく寄り添うように 花の会 主催のユキコさんが 

春の花たちを さりげなく活けてくれてました。



壁面には クルマキ制作 麻素材のかっぽう着。

 おなじみのポーチとブレスも届いて


うらたすみよさんのストール と いわもとちほさんのエプロンも仲間入り。


ゆったりとした家時間を過ごしたくなるような 深田容子展空間です。












 

陶・深田容子展 初日には

温かな陽射しを 路風舎に受けながらの初日。

什器をシックに組み合わせ うつわたちが展示されました。

ずつとここは「うつわやさん」でしたか?と思わせるような 深田容子さんの展示空間は堂々とお客さま迎え。

縁側に置かれたちゃぶ台で お茶の時間も 庭から見える景色も 花器に活けた木々も 一体感があり ゆったりとした時間の流れの中にも 容子さんが陶制作と向き合ってきた時間をしっかりと受け止めることが出来ます。


作品を手に取ると シンプルだけれど 確かな存在感で使うイメージがひろがってくるのも 容子さんの作品。

使うほどに しっとりと味わいを増してくるので どんぐりでも 多目的カップとして 出逢った頃からの作品が たくさん登場しています。

「育てる器」という言葉が 思わず口からでてしまうほど 味わい深く 時々の食材を受け入れてくれています。

路風舎空間に並んだうつわたちは ざらっとした感じですが 水に浸し使い始めた時から ぐいぐいと その魅力に引きつけられていくのです。

一度 なにげに日々使っている どんぐり使用の 歴代のうつわたちを並べてみたい。。。と思わせるような 路風舎 深田容子展。

うつわ談義に ゆっくり お運びいただければ幸いです。

今日は 強風。

お客さまと共に どんな一日を過ごせるのでしょう。

陶・深田容子展を

うらたすみよ・いわもとちほ展の終了後は 先の準備を入れながら 静かにどんぐりを開けていました。


明日から23日(12時〜18時)まで どんぐりでは二年ぶりの個展となる 深田容子展を開催いたします。

20日(木)には 深田容子さん企画の

tunagu 〜 花の会 〜 イベントを。

「芽吹きはじめた春の草花を 深田さんの日常使いの器に活けましょう」と。

13:30〜の予約制 会費¥3500(お花代・器・お茶付き)

守谷にて小さな花の会を主催しているユキコさんの1day lesson 。

 (まだ お申し込みを受け付けていますので お問い合わせ下さい)


春の陽を感じながら やさしい時間を過ごせそうです。


使うほどに しっとりと存在感を増す 深田容子さんのうつわたち。

路風舎に どんな深田容子空間ひろがるのでしょう。

きょうは 午後からの搬入に。



 


引き続き

うらたすみよ 岩本千穂 染め織り布展は

4日間の開期に 初日からの雨で 出鼻をくじかれたようなスタートでしたが

最終日は晴天に恵まれ お客さまにもゆったりとお運びいただき 布空間展は終了しました。

うらたすみよさんとご交流のある 赤ちゃんから ご高齢の方まで 幅広い年代層の方々が 路風舎に集って下さったのが 印象深い開期でした。

雨の日には 子供たちが縁側で 歌とダンスも披露してくれたり  ちゃぶ台でお茶時間を共有できたり。。と。


開期は終了しましたけれど この季節 すみよさんの ふんわり温かな カシミアのストールと ちほさんの 春の服を 多くの方にお楽しみ頂きたいので 三月いっぱい どんぐり空間で 作品を展示しています。


3/17〜3/23までの 路風舎にて 陶・深田容子展の開期と 企画展までの前後は 不定休ではありますが オープン時には 午後1時頃から 常設展示でどんぐりを開けていますので おさんぽがてら ふらりお立ち寄りください。 



 

 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る