いままでの投稿   2014 8月

蓮 Hachisu  路風舎 

夏の終わりを惜しむように 路風舎の草木たちはうっそうと茂り その緑彩は深みを増して映ります。 内山朋子さんの 蓮をテーマにした作品たちの緑と庭の緑は この会期 疲れた身体を包み込むように迎え入れてくれています。 縁側に設置された 器を積み重ね水を巡回させた作品からは 水の流れと木と金属を合わせた風鈴の音は 路風舎に静かに響きあい ゆったりと展示された作品たちのひとつひとつにも ふたつの音色は 響きのエネルギーをやさしく注ぎ入れているような心地よさ。 内山朋子さんの 粋な演出空間に癒されます。 気がつけば 今日が最終日(18時まで)ですが どうぞ まったりとお運び下さい。 8月も終わりますね。 どんぐりは この夏の間までにはと思っていた課題をこなせないまま 秋を迎えます。 9月の企画展は 三つ。 展示空間は どんぐり(須賀恭子 織りと糸)・路風舎(花をモチーフとしたとんぼ玉の世界)・どんぐり(陶 ミチクサクーシャの竹村良訓)と繋げていきます。 それぞれの作品展のDMも揃いました。 DMは 作者の思いが込められた 作品展の一ページです 思いを受け止めながら 発信していきましょう。

 

路風舎にて  内山朋子 陶器展 

8/26〜8/31まで「蓮」をテーマに開催しています

千葉・館山の工房で 自然をモチーフとした陶器を制作されている 内山朋子さん。

木々の香りを感じ 独自の手法から生み出される はっぱのお皿は Nympn Green(精霊の緑)

夏の終わり・・緑一色の路風舎の庭と作品たちの緑は響き合いながらの展示空間となりました。

内山朋子さんの表現世界を ゆったりと感じにお運び下さい。

8/24(日)2回目 路風舎での紙芝居の会も 中村正人さんと高橋清一さんが 数編演じてくだり たくさんの方々に見ていただきましたが、

ゆったりとした お客さまとの談話の時間ももてていたらと思いました。

手元にある50編の紙芝居を紐解くには まだまだ時間がかかりそうです。 

今回 いろいろ感じたこと 細かい反省点も含め 次回の会に繋げていきますので 紙芝居の会を今後もよろしくおねがいいたします。

 

   


第二回 紙芝居の会 路風舎にて

路風舎にて 

   8月24日(日) 15時〜17時まで

15時〜16寺 幼児 低学年の部

 演目「どんぐりころころ」「にこにこぶんぶん」「泣いた赤鬼」

16時〜17時  中高年の部

 演目「しあわせの王子」「龍の目の涙」「やまとたける」

   ※飛び入り実演歓迎

 参加費 おとな500 こども100

まだまだ手探り状態ですが 引き続き 月一くらいを目標に紙芝居の会を進めていけたらとおもいます

暑い最中ではありますが 夏の終わりに 昭和初期頃に制作された 紙芝居の世界に まったりと触れていただけたら幸いです

夕刻17時〜は フラワー通りにある 正福寺境内にて 浦安ドキュメンタリーオフィスさんの企画で 映画上映会も開催されます

 


8月 常設の日々

お盆に入りました

懐かしい方たちのことを思いながら 8月いっぱいは 日・月休みを戴き この期間もどんぐりを開けています

なかなかご紹介出来ずにいましたが どんぐりに展示しました作品は

服  安藤方子 ・アトリエ・SO ・岩本千穂 ・チョロバザール

織 染め  西方京子 ・中村由起子 ・きむらきよこ ・谷原博 ・小野博子 ・すずきあき ・

   NOBOさんの出合ったインドネシアの布(フローレス)

籠 高嶋美枝子

布小物  山崎真由美 ・そわか

革  ち〜こ〜ぼ

がらす  まえたいちろう

アクセサリー  木 アトリエ ムーン ・真鍮 ROMI ・ビーズ akiko tamai ・高椅桂子

遊印 カード 望月信幸

陶  行人窯 ・中山典子 ・小泉すなお ・米沢雄二 ・平澤春美 ・浜渡富雄 ・深田容子 ・ 内山朋子 ・水留良雄 竹村良訓(ミチクサクーシャ)

きぎ工房のブロック

造形 山上千里

イラスト 山上伸治

三井あったか骨董店 れんげや盆

どんぐりが出合ってきたものたちetc

どうぞ ふらり お立ち寄り下さい。


 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る