2月の展を終えて  お知らせ



3月8日〜の陶と季 NAKAYAMA NORIKO✖️TOKIIROコラボ展まで 展を入れていなかったので、次なる空間展示のイメージを広げていたのですが 同居の母の介護になり 常設オープンはしばらくできなくなりそう。

f0083803_16062379.jpg
久しぶりに出てきたら 路風舎のミツマタはこんなにも開花して 温かな陽を受けていました。


路風舎の片ずけも まだ残っていますので この数日は あれこれ気になりながらの日々を過ごしています。
f0083803_16110319.jpg
記念橋を渡った見慣れた建物は 解体作業の寸前のようです。 何気に見過ごしている風景がだんだんに変わり 寂しさに包まれるこの頃
f0083803_16212318.jpg
どんぐりには 毎日 午後の遅い時間に少しづつの作業に出てきています、
ご用の方は ご連絡ください。
よろしくお願いします
ひな祭りの季節には なんとか開けていたいどんぐりですが こんな時には猫の手も借りたい!



2月の展を終えて  お知らせ



3月8日〜の陶と季 NAKAYAMA NORIKO✖️TOKIIROコラボ展まで 展を入れていなかったので、次なる空間展示のイメージを広げていたのですが 同居の母の介護になり 常設オープンはしばらくできなくなりそう。

f0083803_16062379.jpg
久しぶりに出てきたら 路風舎のミツマタはこんなにも開花して 温かな陽を受けていました。


路風舎の片ずけも まだ残っていますので この数日は あれこれ気になりながらの日々を過ごしています。
f0083803_16110319.jpg
記念橋を渡った見慣れた建物は 解体作業の寸前のようです。 何気に見過ごしている風景がだんだんに変わり 寂しさに包まれるこの頃
f0083803_16212318.jpg
どんぐりには 毎日 午後の遅い時間に少しづつの作業に出てきています、
ご用の方は ご連絡ください。
よろしくお願いします
ひな祭りの季節には なんとか開けていたいどんぐりですが こんな時には猫の手も借りたい!



宮良 断 陶展 最終日

f0083803_15562635.jpg
まえたガラスの灯下でも 磁器土に貝殻を混ぜ込んだ「透シリーズ」のうつわたちは輝いていました。
f0083803_16322067.jpg
八重山の古陶を復刻した八重山焼にも魅せられました。

作風の違うどちらも 宮良 断さんの作品です。
f0083803_16360275.jpg
f0083803_16380942.jpg
f0083803_16385448.jpg
f0083803_16393657.jpg
また 来年の展を約束して 作品より一足先に 断さんは石垣島に戻られましたが 新たな創作に向けて進まれることでしょう。


会期には たくさんのお客さまにお運びいただき 緩やかな時間を過ごせました。


ありがとうございます。

宮良 断 陶展 

雪の初日
f0083803_18410794.jpg
路風舎も雪景色で ミツマタは花を咲かせています。
f0083803_18415843.jpg
f0083803_18433917.jpg
7日までの 小野博子 裂き織りバック展から ガラリと空間が変わり 宮良 断 陶展が始まりました。

前日は 搬出 搬入の大忙しの1日でしたが 舞台の早変わりのような感じで


なんとか初日迎え。


石垣島の工房から届いたうつわたちは しっとりと空間に馴染んでいます。


長い年月の交流を経て実現した 今回の個展。


独自の技法を用いた 透けるうつわを見ていただきたく思います。
f0083803_18531962.jpg
裂き織りバッグの残像を残し 陶・宮良 断展は 2月14日(木)まで開催しています。


宮良 断さんは12日(火)まで在廊していますので うつわ談義にお運びください。


八重山の古陶を復刻した 凛とした力強さを感じる作品も見応えがありますので。




宮良 断 陶展 

雪の初日
f0083803_18410794.jpg
路風舎も雪景色で ミツマタは花を咲かせています。
f0083803_18415843.jpg
f0083803_18433917.jpg
7日までの 小野博子 裂き織りバック展から ガラリと空間が変わり 宮良 断 陶展が始まりました。

前日は 搬出 搬入の大忙しの1日でしたが 舞台の早変わりのような感じで


なんとか初日迎え。


石垣島の工房から届いたうつわたちは しっとりと空間に馴染んでいます。


長い年月の交流を経て実現した 今回の個展。


独自の技法を用いた 透けるうつわを見ていただきたく思います。
f0083803_18531962.jpg
裂き織りバッグの残像を残し 陶・宮良 断展は 2月14日(木)まで開催しています。


宮良 断さんは12日(火)まで在廊していますので うつわ談義にお運びください。


八重山の古陶を復刻した 凛とした力強さを感じる作品も見応えがありますので。




小野博子 裂き織りバッグ展

f0083803_18364013.jpg
軽やかで 丁寧に仕上げられるバッグたち
f0083803_18372547.jpg
f0083803_18381988.jpg
f0083803_18392969.jpg
f0083803_18395850.jpg
f0083803_18405714.jpg
f0083803_18422891.jpg
節分 今年も清瀧神社の豆で どんぐりは「鬼は内〜」

小野博子 裂織りバッグ展 2月1日〜7日まで

路風舎の引越し作業は 時間切れとなり 2月も続行となりました。

片付けられないまま 展の準備もあり どうしたものかと思案しながらの日々でしたが ようやく小野博子展の初日を迎えます。
f0083803_19554241.jpg
千里ねこ展に空間協力してくれていた 陶 行人窯と平澤春美さんの作品たちを送り出し作業もしながらの搬入展示。


バタバタの月末でしたが 素敵なバッグたちが空間にひろげられ 気分良く展をスタートできます。
f0083803_20070194.jpg
路風舎の引っ越し作業の突入前 ほんの少しだけ こんな清々し時間も過ごし・・


きぎ工房の机で 自分の好きな時間をあれこれと夢見ていましたが なかなか実現できず 机は新たなお宅に納めさせていただきました。
f0083803_20164446.jpg

路風舎のミツマタの木は 花が咲きだしました。


ようやく雨が降り 祠の龍神さまも草木たちも ひと息つていることでしょう。


路風舎の庭を見がてら 小野博子 裂き織り展に どうぞお運びください。


千里ねこ展と路風舎猫展 終えました

千里ねこさんたちは11日間の展をお疲れさまです

最終日は 路風舎からのお客さまにも たくさんお運びいただけました。
f0083803_12311073.jpg
路風舎入り口には スッキリと写真が展示されて やわらかな陽が射し込んで
f0083803_12321796.jpg
f0083803_12331361.jpg
19日 20日 二日間の猫展にも たくさんの方々にお運びいただけたようでありがとうございました。

これから 1月いっぱいで閉じることになった路風舎の片付けに入ります。


浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る