「勾玉セッション」って、、、

「ときの忘れもの展」開催中のどんぐりころころです。
初日からの5日間を過ごしましたが、毎日のように各方面から
作品が届けられ、お客さまも途切れることなくお運び頂けておりますので
暗いニュースの多いこの頃ですが、たくさんの方たちに見守られて
どんぐり空間はほんわかと温かな空気感に包まれながらの時間が流れています。

明日からの18・19日は「勾玉(まがたま)セッション」を入れています。

  今の自分を見つめ直し、より自分らしくあるために、、、と

オオノヨーコさんが生み出す色彩豊かな「ガラスのまがたま」から読みとる
大野ヒロミチさんのリーディング・カウセリングです。

個々に出会う色はさまざまなのですが、この夏にどんぐりが出会った色は
中心の濃いブルーから透明になっていくグラデーション?の勾玉でした。
この勾玉を握りしめると、なぜか心に迷いが無くなりキリリとした気分に。
色の相性の不思議さを感じます。
6月のオオノヨーコさんの作品展の折りに、ヒロミチさんと居合わせた数人の
お客さまが、この「勾玉セッション」を体験されました。次回のご要望もあり
今回は「ときの忘れもの」のひとつとして、この企画を入れてみました。
DMには要予約(¥3000)と記しましたが、お急ぎでない方は当日でも
お受けできます。そして20日の土曜まで延長しました。
どんぐりはこの期間もいつものようにのんびり開けていますので、
見学も兼ねてお運び下さい。新しい発見の出合いがあるかもしれません。
勾玉のほかに、アクセサリーもこの三日間だけ展示していますので
大野ヨーコさんにも会いにいらして下さい。
なかなか表現の難しい「勾玉セッション」のご案内となりましたが
まずは、初の試み企画です。

この5日間で、なんとか展示が観やすいように落ち着いてきました。
29日(24日は休み)までの年末、2008を振り返りながら
作品と向き合い、お客さまと共にゆったりと過ごせそうな
「ときの忘れもの展」開期のような気がします。

どんぐり空間に集っている作品のご案内も少しずつ記していけたらと思います。






 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る