「真夏日のあ・れ・こ・れ展」には、、

一日目がゆったりと過ぎていきました。
月曜日はお客さまの少ない日なので初日でも変わりなく
きのうは荷ほどきして置いただけのままでしたので
のんびりと展示の続きも出来たのです。
人形の吉野けいこさんがほとんど一日いてくださって
お客さまの途切れた時間から壁いっぱいにあ・れ・こ・れ展示。
細かいアクセサリーに至るまで壁にディスプレイしました。

吉野けいこさんの作品は、愛くるしい目をしたコウモリとカエルたち
カエルたちは思い思いの楽器を持って、なにやら演奏してはいるようですが
定かではありません。どこかの島でバカンスを楽しんでいるカエルもいて
笑えるのです。一緒にポカンとできたら楽だろうなぁ、、、と。
こうもりは壁に羽をひろげて、周囲のものたちと遊んでいます。

森下真吾さんの吾偶(人形)とうつわや花入れが、、、
やさしく奏でてくれているような楽器をもった人形たちは
静かに微笑んで、心を癒してくれそうです。
ぽってりしたカップや碗もおおらかな作風で
どっしりと構えて過ごしたい日に使いたいうつわなのです。
花入れに生ける花たちも楽しげに映ることでしょう。

斉藤博さんの人形(ドール)は、いつもより大ぶりな感じで
「ダンス」というタイトルつき。
ブルースが似合う斉藤博ドールですが、どんなリズムで踊っているのか、、、。

陶房のぎの動物もお目見えです。ペンギン・かば・もう一種?
涼しげなうつわたちは夏のプレゼントに、季節感もお届けできそう。
のぎさんの手から生まれる動物たちは、小さいけれど個性がいっぱいで
会話ができるような親しみが沸いてくるのが不思議です。

f・ritのガラスにも貝・さかな・犬、、、のイヤリングやピンブローチが。
 オモシロイはなし、、、「美輪明宏さんと出会い、黄色に目覚めたそうな、、、」で
小物たちには元気カラーを取り入れたような工夫がいっぱい。


いいだガラス工房のトンボ玉が初お目見えで人形をデザインしたカラフルな
ネックレスやイヤリングにリングも可愛く、夏のオシャレも小粋にできそう。
シックに使えるコップや鉢は大人の時間に登場させたい、、、。

あしたは服のごあんないを、、、
        素材のこだわりも伝わります。

 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る