あぶちゃん

「あぶちゃん」という表現は判りますか?
ご存じでない方も多くいらっしゃるようです。
よだれかけ、、、だとよく判っていただけるのですが、やっぱり
田中典子さんの創作表現は「あぶちゃん」なのです。

お地蔵様によく掛けてある「あぶちゃん」は、一般に「よだれかけ」と言うようです。

江戸時代の花嫁衣装やお祝い着だったと思われる縮緬などもふんだんに使った
あぶちゃんのひとつひとつには、作り手の創作遊び心が小さな作品の中にまで
たっぷりと織り込まれて、布たちに愛情を注いだ細やかな針仕事に魅せられます。

そして田中典子さんが出会い収集される布の魅力にも心惹かれます。
ふんわりふっくらと産みださえる「あぶちゃん」は、あかちゃんに触れるような感触。

成人式を迎えたSOTAくんの鬼たちは、あぶちゃんを掛け替えられながら満足げ。

ちっちゃな悩み事などはどこ吹く風とばかりに吹き飛ばしてくれそうな鬼たちは、きょうも気ままにどんぐり空間で遊んでいます。

急に冷え込んできた数日ですが、少しずつ陽も延びてきているような。

心を大きく開いて寅年の2010を歩んで行けたらと思う年明けの日々です。

 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る