きのうは、、、そしてあした

とっても寒い一日でした。
最終日の田中絵奈展途中に抜け出し、正福寺境内で商店会が参加している焼きそば屋台のお手伝いは袋詰めとお代を頂く係りでしたが、完売まであたふたと2時間ほどの流れ作業後にはさわやかな安堵感が。
4時頃にはどんぐりに戻れましたが、この時間のお客さまは少なくしばし放心状態。
6時からの万灯行列の出発を境内まで見に行けるほど夕方からのお客さまは途切れてしまいましたが、今年のお会式にはゆっくりと向き合えました。
フラワー通りに架かる手前の橋から見る、橋渡りの万灯行列の灯りも川面に映し出され今年も幻想的でした。
急な冷え込みのせいか人混みの少ないお会式光景で残念な思いが残りますが、いつものようにどんぐりまえにはたくさんのスポットをつけて行列を迎えましたので、まといのみなさまはどの連の方も小さな子から大人まで力の限り振るまといの舞いを披露して下さいます。
うちわ太鼓の音・まといの活気・ゆっくりと引き進む万灯屋台の灯りに照らされたどんぐり前で、また一年のどんぐりを無事に過ごせますように、、、と願いました。
末尾の行列を見届けてから、居合わせたお客さまと軽く一杯後に絵奈展の片づけをして作品展は終了。
この開期にはご加護?でしょうか、、、と思えたほど振り返ると作品とお客さまが偶然出会ってくださった不思議と素敵な場面が幾つかあったのです。
続けることの大切さを今回の作品展でも感じることができ、お客さまは少なかったのですが田中絵奈さんとともに有意義な時間を過ごさせていただきました。
そして、あしたからは「陶房のぎ・ふたり展」のきょうは搬入日。
午後から到着のおふたりにまかせて、これから作品展巡りに繰りだします。
電車を乗り継ぎゆられながらの小さな旅は、どんぐりのリラックス時間。
戻ったどんぐりには、陶房のぎの作品たちが楽しげに並んでいることでしょう。
どんぐり空間に吊される陶のランプシェードの灯りも楽しみな、、、。




 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る