ひとつひとつの出合い 

「古布の服 まりこ」 (協力 籠・高嶋美枝子)展には、最終日7/1(火)の最終時間にぎりぎりまで、お客さまと作品との素敵な出合いがありました。どんぐりでの創作服をはじめて着てくださる方々ではありますが、とってもよく似合っていらしてお求めいただきました。それは、DMに使われた麻のアロハと上質の黒ちりめんのワンピースでした。どちらも着ていただくと感じの良い作品だったのですが、まりこ展の開期の天候では見過ごされていたふたつの作品でした。なんとかどんぐりのお客さまと出会って欲しい、、、と、毎日「どんぐりのいい気」を飛ばしていたので「大当たり1」のうれしい気持ちでいっぱいの最終日。「作品は、ただ売れればいい」ということでは無いということを、改めて感じさせてくれた「出合い」の瞬間でした。素材の吟味からデザイン縫製までを手がける創作服には心地よいエネルギーが宿っている気がしています。そして、着てくださる方の気持ちが重なり合う服には更なる「輝きの時を刻む」愉しみが待っていてくれるような気がするのです。日々、心の豊かさの出合いをつなげていきたい「どんぐり空間」は、あした7/4(金)陶・中山典子〜7/7(月)ガラス・前田一郎展の「七夕のDEAI(出会い)」に作品展を繋げます。

 まりこ展では、筒描きタペストリーやアロハと樹皮の籠たちがぴったりととけ込んでいたどんぐり空間でしたので、開期の短さにはちょっと残念な時間だったような気がしています。またいつか、「まりこさんのコレクション・筒描きタペストリーを観る会」なども企画したいと思いました。

 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る