ジンタが聞こえる 千里展が終わって

12日間の千里人形展の最終日には七夕も終わり雨模様の静かな一日でした。
笹飾りも片付けひっそり通りの空気を感じながら、人形たちとのお別れの時間は「祭りの終わり」のようで、久しぶりにちょっと切なく脱力感も。
暑かったり雨だったりと、天候に左右された開期ではありましたが、人形たちとお客さまの素敵な出合いは確実にあり充実した作品展期間でありました。
七夕ライブの準備や本番と何かと変動のある時間を過ごしていても、人形たちはどんぐり空間でゆったりとした時間を過ごしていってくれたような感じです。
人形たちが思いを語ったらどんなつぶやきが聞けたのだろうかと思う12日間という期間。
休みを入れずに開けていましたが、人形たちとの時間はくつろぎの時間に変わるほど穏やかな時間で人形たちから放たれる不思議な気に力をもらっていたような、、、。
7月23日からの恒例「真夏日のあれこれ」展にも千里人形の一部を展示しますのでまた観て下さい。
ユーモアセンスも織り込んだ一体一体の千里人形には物語性も含まれて、千里さんの遊び心は人形たちの中に無限に広がっているようです。

 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る