今日のかご


大ぶりのブローチ   くるみ・山ぶどう



樹皮とラタンの籠を並べてみたら、、
        籠たちはぐっと身近に感じます。

持つ方の雰囲気でも変わる 編み籠の用途は幅広く。



どんぐりの3月企画展は、籠展終了後から服展が続きます。

こふリメイク展(3/15〜)は 着物地のシルクを中心に制作。

春の服展(3/24〜)は もめんと麻を中心に制作。

このふたつの企画展にも かごたちが登場。

こふリメイク展にはラタンの籠が似合いそうですし

春の服展には樹皮の籠が合いそう。

服たちと一緒に、籠を持つイメージも広がることでしょう。

3月のどんぐり空間で籠たちをゆっくりご覧ください。

 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る