夏の終わり、、、六日間の「陶・水留良雄展」でした

9月2日に終えた「陶房・鳥と花と魚たち」水留良雄さんの作陶展でしたが、最終日にはたくさんのお客さまで賑わいました。初日からの悪天候や夏(8月)の終わりの土・日を挟んだ開期がお客さまの少ない結果だったような気がしましたが、最終日に駆けつけて下さったお客さま方に気持ちも助けられ無事に楽しく終了することができました。この作品展開期は秋のはじまりの導入のように入れたどんぐり夏休みの特別編でしたので、少ないお客さまは覚悟していたものの、途中で少し気持ちは負げました。今日こそはと思っていた土曜は、滝のような大雨が降ったり、翌日の日曜はとっても暑かったりと、、、こんな状況では出足も鈍りましたね。観ていただきたい作品たちの中でのどんぐりつぶやきは「秋のはじまりの作品展だったのに、、」というと水留氏は「夏の終わりでしょ、、、」と。何気ないこの一言も次なる活力になりました。本来の予定・秋のどんぐりは9月10日(水)の陶・中島淳一展から始めます、、ということで、水留氏は「いい出会いがたくさんあって、、、」と初めて会うどんぐりのお客さまたちとの会話を楽しまれていたのが印象に残る「秋へいざなう楽しく元気な器たち」展であったのです。最終日には、開期を勘違いされていたお客さまからの電話で水留氏の猫が見たかったというご一報を頂きましたので、大猫一ぴきと子猫数ひきがどんぐりに居残りとなりました。そして、昨日からどんぐりは休みの続きを過ごしていますが、9月7日(日)には4時から「石岡雅敬の部屋inどんぐり」があります。
要予約のお席は少しありますので、秋のはじまりのひとときをライブを聴きながらのんびりご一緒いたしましょう。



 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る