夕暮れの銀座を歩いて

中途半端に用事を終えて、銀座1丁目から8丁目までの
ギャラリー三カ所を巡ってきました。
歩行者天国になっていた銀座通りには、大勢の人たちが
クリスマスムード一色の街の灯りに包まれてゆったりと
通りを行き交っていて、とても豊かそうに見えます。
そして、通りの筋を違えると「同じ銀座?」と思えるような
静けさと暗さで、あまりの違いに驚くほどでしたが
なぜか、薄暗い銀座の方が妙に気持ちは落ち着いて
ギャラリーに展示された作品もゆったりと観られました。
たくさんのモノがいっぺんに目に入ってくるのは
確かなものの存在を見失ってしまうような気がして
心も落ち着きませんでした。触発されるものはありますが
ゆっくりと集中できずに、見るモノが薄らえる感じでした。

みんな何処を向いて歩いているの、、、と問いかけたくなるような
夕暮れの銀座で、柳の木はふわりと気品に満ちてゆれていて
道しるべの自然の光を放っているようにさえ思えましたので
また、ほんの少し心の引き出しから大切なモノが見えてきたような。

阪急ならびの旭屋書店にて、絶版になったという
細川貂々さんの「いろはにいぐあな」の本をみつけました。
「ツレうつ」と「続・ツレうつ」コーナーにちょこんと一冊。
探し物を見つけた気分で、持ち帰ってきましたよ。
 

 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る