最終日 陶・中島淳一展

毎日毎日、自らどんぐりシャッターを開けてくれていた中島淳一個展も今日で終わり。
一年に一回ペースで開催してきたどんぐりでの中島淳一個展は、今回で9回目を重ねました。
10年前の出だしの頃には、常設とどんぐり企画展(ぐるぐるぱっ展・どんぶり展・四角い皿展)などにも参加してくれていたのですが、5年ほど前から個展にむけての制作に絞り込み独自のスタイルを貫いてきています。
途中には益子の陶器市や都内のアートフェスティバルなどにも参加していましたが,その頃は各方面での評価を試す期間でもあったように思います。
毎回の個展では、その時々にどんぐり以外で出会ったお客さまもいらして純粋に中島作品に惹かれてお運び下さっているのがわかります。
次回のどんぐり個展(10回目)は、半年後の春(4月)に決めました。
来年秋には都内での個展があるようですので、ここ数年恒例となっていた秋一番のどんぐり個展はひとまず終了。
積み重ねた熟成期間を経て、そろそろ次なる段階に入ろうとしている中島淳一さんの内なる気合は「静かに時を待つ」ような清々しい静寂の空気感と共に今回の個展から伝わってきていました。
どんぐりからの巣立ちも近い気配がうれしい開期の日々で、いままでのどんぐり店主の気がかり感も抜けて一安心。
とたんになんだか放心状態となり、もう安心と中島淳一さんに頼ってしまった初日のころからふわふわ状態が続き昨日などはついにお気に入りの財布を無くしてしまった始末。
一夜明けてのきょうは「私の財布も巣立ち?」だったのかもとあきらめ、気持ちも切り替えました。
新しい財布からのまた一歩で、関わってくれている方たちと共にどんぐりは秋の企画展を続行いたしましょう。
最終日のきょう一日も充実の時間に包まれますように。

 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る