最終日の遊印と書・望月信幸「おかげさま展」

10日間の開催日も今日で終わります。
毎日のように、ゆったりと充実の時間が流れてきました。
20の歳の差はあれど、不思議と価値観の同じような望月信幸さんでした。
個展なれども、いつも「どんぐり空間に」いるような錯覚さえ憶えるような空気感の方です。
どんぐりの内装(ドアや窓枠も)を手がけてくれた片桐武夫さんの額を「書」の作品の額装に使っていることもあり、どんぐり空間が一体化されていてとても落ち着いた雰囲気の個展空間でした。
たくさんの方々との必然的な出会いの時間もあって、そのタイミングのよさにも驚くことも多々ありました。
これから、ご注文いただいた全ての方々の印を彫り上げて完成印をお届けできるまでが今回の「おかげさま展」開期なのかもしれません。
ご注文いただいたほとんどのお客さまは、新たなるスタートに思いを込めた「印」から進まれるようなご希望のイメージ印なのです。
ご満足いただける「遊印」に仕上げるには、これからが望月さんの気合いを込めた本勝負。
完成までの遊印はお客さまと共に楽しみです。お客さまのお許しがあれば、続きの「お披露目展」もしたいような望月信幸「おかげさま展」。
きょう最終時間の5時までにも素敵な時間が流れていることでしょう。

そして、どんぐりは22日(水)からの「きぶんはピクニック展」を始めます。
「おかげさま展」はゆったりと、、、されど二の間では、毎度のことながら「きぶんは、、、」のDM書きに背中を押されながらの最終日。
きりりと〆て、芯からの「きぶんはピクニック」に突入したいものです。
新緑の頃の大型連休も近づきましたね。

 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778

ページトップへ戻る