月あかり

昨晩のお月様は雲の間からぼんやりと現れたかとおもったら
どんどんと透明度を増して輝いていました。
月あかりに照らされながら歩いていると、天空からの静かな気配が
降り注いでいるようで、それまでの心の中の重い空気から開放されたように
前向きになっていくような自分がいました。無の状態が長い時間続き
先に進むのも億劫になってしまいそうな出来事がありました。
心の中に閉まってはみるものの、どうにもできないことです。
現実として受け入れてみても、どこか納得のできない出来事で
無力感ばかりが湧いてくるのですが、どんぐり時間は確実に
前に進み、せっせともう一人の自分が動いていきます。無力感を
どこかで吹っ切りたいと思っていたら、お月様がじっと見つめてくれて
温かな空気に包まれていました。「今を見つめて、、、」と言わんばかりに
普段はお会いしないような方々に出会った、月あかりの下の不思議な時間も
天空の仕業かもしれませんね。こうして人は歳を重ねて生きているのでしょう。
月夜の晩のひとりごと、、、少し元気がでてきたような。

 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る