桜は満開となり

八木下裕展を終えて、きのうの日中は浦安の桜巡りをしてみました。
さくら通り・しおかぜ緑道・江戸川沿いを歩きフラワー通りまでの1時間ほどの散策です。
何処にあるのか、気になっていたお店も見つけたりと、、、。
大ぶりの桜の木の下では、お弁当をひろげたり寝転がったりと楽しそうな光景をたくさん目にしてきましたので、気分も爽快。
止まっていた仕事を片づけて、夕刻からはギャラリー巡りで東西線・半蔵門線・丸の内線と乗り継ぎ下車したあちらこちらの空気も感じてきました。行き先がビジネス街の多い場所だったせいか、新しいスーツを着てフレッシュな新入社員風のグループにもたくさん出会いました。
みなさん気分も新たに、それぞれのスタートラインに立っているのですね。こちらの気分も一新させてくれたような光景を目にした時間でもありました。
きょうは、「遊印と書・望月信幸展」搬入日です。
初個展の望月信幸さんもフレッシュに、どんぐりでの個展をスタートしてくださることでしょう。

八木下裕展の鬼たちは、しっかりとどんぐりでの八木下裕展を見守るように初日からの動きはありませんでしたけれど、最終日の終わり頃には「お役目おわり、、、」とばかりにバタバタと数匹?の鬼さんたちは飛び出していきました。
鬼の取り持つご縁から、、、で始めた八木下裕展でしたので、ぎりぎりでもお客さまと鬼たちとの出会いに安堵した最終日。居残り組の鬼さんたちは、親元に戻りほっとしている頃かもしれません。
五月人形たちは、望月信幸展でもご覧頂けるようにしましたので引き続き八木下裕さんの作風も合わせてお楽しみください。
望月信幸さんの空間の中にも、「薫風の陶」を感じていただけますように。

 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る