秋の服展も最終日に

19人の作り手による「服とふくろ」は素材やデザインもさまざまで
ご試着などで作品をひろげるごとに新鮮な発見があります。
テーマを決めたどんぐり企画展は作者は不在のことが多く
開期中は、ディスプレイを兼ねた片づけや接客が一人のときは
どうしても好みの作品空間になってマンネリ化してしまうのですが
時折、近場にいる参加者のひとりひとりが来てくれて
それぞれ自由に展示してくれたりすると、どんぐり空間は一変して
今まで目立たなかった服やストールやふくろたちが、別の光を放ち
輝いてきます。角度を変えて見ることは、とても大切、、、と
布系の作品展の時には雰囲気の変化がはっきりと伝わってきて
気分も一新してさまざまな表情が楽しめます。
お客さまの個性によっても、身にまとったときの華やぎも違い
ぴったりと似合うものと出会って下さると、居合わせた方たちにも
いい「気」が伝わって、明るく楽しいどんぐり空間になって
着たり脱いだりのひとときは、不思議な元気が沸いてくるようです。
そんな時間の「秋の服展」もきょう一日となりました。

おとといは夕方に強い雨が降って、外に出している看板の文字や絵が
雨に流され消えてしまいました。
せっかく楽しい感じで、てんてんさんが描いてくれたのに残念でしたが
きのうは京都から出てきてくれた、こもれび工房のユアサケイコさんが
引き継ぎ、はっきりくっきりと絵文字を入れながら看板を描いてくれました。
どんぐりにはたくさんの多彩なひとたちが集まってくれるので
この看板もこれからは、さまざまな画風が表現されていくことでしょう。
看板も道行く人に楽しんでいって頂けるようになったら、、、と
また、新たな期待がどんぐりに増えました。

19日(金)はフラワー通りのイベントにも定着した、「ロードアート」です。
400mほどある通りの側溝のふたに地域の小学校(南小)の4年生と
フラワー通りの有志で絵を描きます。(午前中)
どんぐり周辺は「天哲」と「どんぐり」が中心となって描きますので
今年もどんぐり前は「てんてんぐーす&ツレ」さんが描いてくれそうです。

20日(土)からの「てんてんぐーす展}でお披露目ですので
作品展と共に通りも楽しんで見て下さいね。

「てん・ぐー展」は三日間のイベントです。(10/20(土)_10/22(月)まで)


 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る