絵・ロジャークレイトン展

ロジャー・クレイトンはアメリカ・テネシー州ナッシュビルから来日しての個展です。
フラワー通りにどんぐりを移した以降、来日ごとに作品発表してくれていて4回目となりました。
シンプルな構図の中から見えてくるロジャー・クレイトンの画風は、不思議な魅力で観る側の心をとらえるような力を持っています。
灯りのもと・自然光のなかでの色調も変化して見え、描かれたものたちのストーリーが次々に現れてきます。
構想を練り、幾枚ものラフスケッチを試み、納得のいくまでシンプルさの中に込める気を追求して表現された絵には、とても深いメッセージも込められているようなのですが、観る側を窮屈にさせずに和ませてくれるような画風はロジャー・クレイトンそのままの人に対するやさしさの現れなのでしょう。
ぜひこの機会に観て感じていただきたいロジャー・クレイトンの絵空間です。

あしたはいよいよ、七夕ライブです。
「絵空間de七夕音楽展」、、、ライブタイトルに「展」を付けた石岡雅敬さんの遊び心にも笑み。
石岡雅敬さんとの出会いは10年ほど前の七夕前日。
それから毎年、フラワー通りでのライブを七夕の頃に企画してきました。
商店会のイベントでフラワー通りの空き地でも数回やってきたのですが、この時期の商店会企画が難しくなり七夕ライブは原点に戻り、どんぐり内が今年のステージ。
当時の音楽仲間もキャリアを積んでの今回のライブには、京都からも応援に。
1時から夕刻までの熱いライブが楽しめそうです。

ロジャー・クレイトンの絵の中の仲間たちも、演奏に酔いしれて飛び出してくるやもしれませんね。

きょうは少し涼しい日。
あしたもこんな気温がベストなのですが、、、ライブ時間もぜひお運び下さい。










 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778

ページトップへ戻る