遅ればせながら、、、「休みの間」のこと

大型連休の一番の目的は、「米寿の祝」でどんつれの故郷・徳島に家族揃って出掛けてきたのです。
レンタカーを借りて、5月3日の深夜に浦安を出てから渋滞にも遭い徳島入りできたのは夕刻。
十数年ぶりの車での大移動でしたが、瀬戸大橋を渡った頃には全員が安堵で鳴門海峡の景色を満喫でき実家のある徳島市内までの16時間ほど車移動に費やした一日目。
そして翌日、4日の夜には椿泊という漁村?での親類が集って開いた「米寿の祝」の大宴会は、鯛・ヒラメ・あわび・エビ、、、などのたくさんの魚介類がそれぞれ一品ずつの大皿に盛られて、またたくまにテーブルの上は食べきれないほど並び宴が始まったのです。
どんつれの母とどんぐりの母は揃って米寿を迎え、この日の晴れ舞台に上がりました。
黄金色の綿入れちゃんちゃんこと帽子に身を包み、共に元気でこの日を迎えることが出来て集まった全員が幸せを感じた瞬間でありました。
釣り好きな義兄の粋な計らいで、思いも掛けなかった場所でのたっぷり食べて呑めや唄えの大宴会は「竜宮城」に迷い込んだような錯覚さえ憶える、海のきれいな岬の漁港だったのです。
そして、夢からも覚めたような翌朝は早々に宿を出て徳島11:30発のフェリーに乗り一路東京湾までの船旅は18時間ほどで、浦安に戻り早朝のファミレスでモーニングを全員で楽しみ解散。
当日から仕事が入っていた一名もおりましたので、この日から店は休み中なれどどんぐりもどんぐり仕事に入りましたが、久しぶりに家族揃って成し遂げた祝行事の旅に充実感もあり、日々の積み重ねの大切さをふたりの母から教わったような「米寿の祝」でありました。

 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778

ページトップへ戻る