遊印はどんなふうに使う?

毎日のように「個人印」のご注文を頂いていますが、独自な望月信幸作品の遊印もお求めいただけます。

自由な発想でデザインされ彫られている遊印なので、お好みが合わなければ出合いはありませんが。

遊印は「遊ぶ印」なので、アイデア次第で楽しく使えそうなのですが、、、なかなかその発想は難しいかもしれませんね。

初日にお求め頂いたお客さまは、前回にお求めの印と合わせて紙にいっぱい押してみたそうです。

どんな感じの絵?になったのか見せていただきたい思いです。

望月遊印には、ぐるぐる・こま・うさぎ・怪獣・湯気のたつ茶碗・おじぞうさん・おひさま・雲・てるてるぼうず・etc,,.その世界は無限にひろがっていくことでしょう。

印台のかたちもさまざまで、握った感触は手からやさしく心にまで伝わってくるのです。

さて一本の遊印を選んだら、、どんな使い方のアイデアがあるのでしょうか。

たくさんの方たちとアイデア談義もしたいような望月信幸さんの「遊印」展です。



今日は延期になっていたフラワー通りのロードアートの日。

どんぐりは気分も新たに、南小学校の子供たちが描く絵の通りで過ごします。













 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る