陶・水留良雄展 〜 陶・中島淳一展へ

あちらこちらの自治会夏祭りも終わり、どんぐりは水留良雄展の開期中には祭り・選挙・台風と順番に浮き立った時間も過ぎ去って気がつけば最終日を迎えていました。
今回も作品に囲まれたテーブルでひたすら筆を走らせていた水留さんの絵たちもお客さまを楽しませてくださっていたのです。また、来年の同じ時期に作品展を約束して終了。
「続ける事の大切さ」といつも水留良雄さんはおっしゃいます。
あっという間、、、の感じて終わった水留良雄展ではありましたが、明日からの中島淳一展に繋げます。
中島淳一さんも、毎年同じ時期に個展を入れています。
どんぐりとのお付き合いも、かれこれ10年ほどになるでしょうか、、、。
この数年の中島淳一さんは、仕事場を山間に移して独自の作陶と向き合っていますのでどんぐりでの個展は一年の成果を試す開期でもあります。
続けること、、、遊印・望月信幸さんの8月カレンダーには「続ける才能」と表現されて9月のカレンダーには「あんたの出番」とあり納得。どんぐりはこの言葉に支えられながらの秋始め。
望月さんはただ今、日本橋・高島屋7Fで遊印展(8日まで)を開催中なのですが、彼自身も続けることにしっかりと向き合っているようです。
「続ける才能」って、素敵な言葉ですね。今日の一歩がとても大切に思えてくるのですから。
これから、きょうは中島淳一展の搬入日。今回はどんな空間作りを見せてくれるのか楽しみです。



 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778

ページトップへ戻る