陶房のぎ  うつわたちの中で


モモンガ  \3000

陶房のぎ・森山淳さんの造形をご紹介します。

器たちの中では異質な感じもするのですが
磁器も耐熱土の器も小動物たちも森山淳さんの手から生まれた作品たち。



アルマジロ  \3000

甲羅の表現は大きさを感じさせるのですが、5㎝ほどのアルマジロ君?です。



ぶた  \3000

とても気ままそうなブタたちのおしゃべりを聞いてみたいような。



コブシメ(甲いか)  \3000

どうしてコブシメを作ったのでしょう、、と、問うてみたいコブシメ。

この開期 陶房のぎのおふたりは、8日(金)までおりません。

最終日9日(土)(pm5:00まで)は居てくださいます。




シマリス  \3000

木の実を口一杯にほおばったシマリスは、どことなくユーモラス。



ラズベリーのショットグラス  \2000

ちっちゃな盃には、どんなお酒が似合うでしょうか?

お気に入りのペンを挿したり、ハンコ入れなどにも使えそうな気もするのですが、、

置いているだけでも可愛くて。



今日は水曜日。

開期は後半となり、まだまだご紹介できない作品はたくさん。

次はどこにスポットを当てましょうか。

窓越しに春の陽を受けた磁器のうつわたちは
    爽やかに春を迎え入れているように感じます。


 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る