高嶋美枝子さんの籠展は最終日となります

この数年「樹皮の籠」もブームとなっていましたが、創作籠の作り手はそう多くはないとおもいます。長年編むことに専念されてきた美枝子さんの籠は表情もさまざまで、一点ものも多いのが特徴だと思います。よく売られている籠は最後の磨きまでかけて、艶のあるものが多いのですが、美枝子さんは素材表面の後処理をあまりかけないで、使う方の楽しみを残されて作品の完成をとどめているのです。ですから全体にカサカサ感の残る作品が多く展示されているのですが、たわしで表面のケバを取ったり磨いたり手油でも充分に黒光りの艶がでてきますので持つほどにしなやかさを増して味が出てくるのです。自分で時間をかけて味を生み出した籠にはとても愛着を感じ、持つほどに一体感も沸いてくるので密かな愉しみも、、、。

 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る