鬼たちのご紹介 その6

印南ゆうこさんは京都版画やのメンバーですが
毎回、単独でやさしい画風の作品が届きます。
涼しげな横顔の女性から、すっきりとした角が二本。
どんつれは、「なんだかわかるなー」と言いますが
どう判るのでしょうか、、、。
もう一枚の鬼さんは細長の額のなかで楽しそうです。

たくさんの鬼たちを紹介してきましたが
 そして天の邪鬼たち、、、というのもありました。

そのひとりのちーこーぼさんは革の作家です。
2月に控えた作品展制作の合間にプチ鬼バックが届きました。
角だし鬼に見立てたバックはとっても可愛くて、、、。

 画家の小林敏也さんからは「花鬼」タイトルの絵本と
片桐額に素敵に収まっているカット集の中のなまはげが、、、。

服やニットや織物・陶やガラスのうつわも仲間入りして
なんだか賑やかな「鬼と遊ぶ展」でしたが、いよいよ
最終日を迎えたきょうの一日はどんな出合いがあるでしょう。

鬼と遊ぶ展は2009の新春にも予定を入れました。
日々が穏やかな一年でありたいものです。
新春企画におつき合い下さった皆さま
       ありがとうございました。
心の優しい鬼たちは、みなさまの元でお役にたちますよう、、、。

 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る