いままでの投稿   2007 6月

ひったくり事件

籠展 最終日のきのう(3時20分ころ)はどんぐりに来てくださる途中のお客さまが
バイクに乗った男に、持っていたバックをひったくられるという事件がありました。
外での騒ぎに気付き出てみると、バックの取っ手だけを持つお客さまの姿がありました。静かなフラワー通りで白昼に起きた出来事で、未だに信じられない気持ちですが
警察を呼び、その後はどんぐりで事情聴取。この間に持っていたと思われるカードなどの関連会社に連絡を取ったりと、被害に遭われた方は大変です。身近に居合わせたわたしたちも動揺していてどうしてあげることも出来ずに無力感でした。時間が過ぎて
雨の中をバス停までお客さまをお送りしたのですが、ひったくられた時にできた傷と取っ手だけ持った姿が鮮明に残り、もっとしてあげられることがなかったか、、と心痛みます。幸い大きな怪我も無く帰路もご友人とご一緒でしたが、ご本人の心中を察すると他人事では済まされません。騒ぎの直後には近隣の人も来てくれて、天哲さんはバイクで見失った犯人らしきを追いかけてくれて、おかみさんもバックが捨てられていないかと周辺を見に行ってくれました。
直後に居合わせた方から「白いバイクに白いヘルメットの茶髪」との情報も寄せられました。皆さまくれぐれもご注意ください。
人の物を気軽に持ち去る犯人に強い怒りと憤りを感じています。
人情味のあるゆったりとした時間の流れる通りでの、こんな事件も絶対に許されない事です。


高嶋美枝子さんの籠展は最終日となります

この数年「樹皮の籠」もブームとなっていましたが、創作籠の作り手はそう多くはないとおもいます。長年編むことに専念されてきた美枝子さんの籠は表情もさまざまで、一点ものも多いのが特徴だと思います。よく売られている籠は最後の磨きまでかけて、艶のあるものが多いのですが、美枝子さんは素材表面の後処理をあまりかけないで、使う方の楽しみを残されて作品の完成をとどめているのです。ですから全体にカサカサ感の残る作品が多く展示されているのですが、たわしで表面のケバを取ったり磨いたり手油でも充分に黒光りの艶がでてきますので持つほどにしなやかさを増して味が出てくるのです。自分で時間をかけて味を生み出した籠にはとても愛着を感じ、持つほどに一体感も沸いてくるので密かな愉しみも、、、。

通りは寂しくなっても

なにかと話題の尽きないどんぐりです。
てんてんさんの再放送もあるので、このページを見ていない方にも明日は連絡しなくては、、、。どんぐり関係者にはてんてんさんともお馴染みの方が多いので「てんてんニュースの連絡網」を作成したいくらいのどんぐりで、ビックニュースの時には手当たり次第にどんぐり仕事を忘れて連絡をしまくるのです。それでも連絡しそびれる方もあるので放映などのあとには、あらっあの方にも、、、と思うこともしばしばなのです。

再放送のお知らせ

管理人です

19日に放送した「生活ほっとモーニング」ですが、大変好評で再放送の希望が多かったため、再放送されることが決定しました。

7月1日(日)
BS2 朝10時〜の「あなたのアンコール」

この番組は好評だったNHKの番組を再放送する枠で、その日は2本放送するのですが、私たちの出た生活ほっとモーニングは2本目の放送なので、10時50分頃の放送になるようです。

番組が好評だったとのこと、私もとてもうれしいです。
見逃してしまった方はどうぞご覧になってくださいね。

それから、フラワー通りがどんどん寂しくなるのは私も悲しいです。
今度通ったとき、みさごさんの所見てきますね。

 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る