いままでの投稿   2008 9月

布遊衣展も中日となり、、、

25日(木)からスタートした「布遊衣展」ですが、当日搬入展示のスタートでしたので、この数日間はほんの少し体内時計が狂っていました。年内は展示入れ替え準備を挟んで、ほぼ休み無しの企画展を組んでいます。作家替わって主変わらずのどんぐり空間の作品展は、ひとつひとつの開期が始まると一息つけるので、お客さまと共に作品を愛でながら心と身体を休ませられる時間でもあるのです。今回の「布遊衣展」DMの撮影をしたのは暑い最中で、手もんざんさんのあでやかなキルティングジャケットは9月末からの企画展に大丈夫、、、?と思っていたら急に気温も下がりほどよく展示された作品と気候が合ってきましたので一安心。きむらきよこさんの草木染めジャケットやストールとのコラボは目にもやさしい二人展で、ご試着ごとのファッションショーもまた楽しい「布遊衣展」の期間です。

中川雅子 人形たち展

どんぐりに来た人形たちに晴れ間を見せてあげたかったけれども、開期のほとんどが台風接近の不安定な雨日が続いていました。今日の最終日にはようやく日中はもちそうな陽射しも見えてきましたので、きっと素敵な出会いの一日が過ごせそうです。人形たちは展示された場所でお運び下さったお客さまと毎日ゆったりとした対話をしているように感じています。静かで穏やかな時間もたくさん過ぎてきましたが、今日は人形たちの旅立ちの日でもありますので、それぞれの落ち着き場所での物語は更にふくらむことでしょう。凛とした中川雅子さんの人形に込める確かな表現仕事をしっかりと受け止めることができ、この個展からも「いい気」がたくさん入ってきました。次回は2009、1の「鬼と遊ぶ展」では、中川雅子さんの「鬼」が登場します。

中川雅子 人形たち展

待望だった「中川雅子 人形たち展」のはじまりです。お互いの諸事情で、開催したいけれど出来なかった時間を積み重ねてきましたので、どんぐり空間に人形たちが勢揃いしたきのうの搬入は夢のようでした。「鬼と遊ぶ展」などの企画展には、いつも協力下さっている中川雅子さんの人形は、凄みはあれど心の優しい鬼たちで見て下さった方の心に響く人形を表現し続けて下さっているのです。熱い思いをいつもどんぐりに向けて下さっているどんぐりに関わる作り手のお一人で、作品を通じての交流も続けてこられましたので今日からの企画展が実現しました。並べられた点数は多くはないのですが、一点一点の個性と選び抜かれた素材の衣装にも魅了される人形たちです。あどけない優しさも放たれている人形たちではありますが、「動」を感じて内に秘められた独自の個性が確立されているような個々の人形からもこちらの勝手な創作物語が一人歩きの世界で広がっていきます。どんよりとした雨日に今日は、人形たちとゆっくり語らえそうですが、作者の心の中には人形たちとの物語がきっとたくさんあるのでしょう、、、。

陶 中島淳一の世界

雨日となった最終日の朝です。落ち着いた時間の中で過ごしてきた中島淳一の世界は「ここから始まる、、、」という本人の決意が静かに伝わってくるようなどんぐり空間の作品たちでありました。高低差をつけた什器展示の空間には、独自に生み出されたひとつひとつかたちの違ううつわたちが個性を発して秘めたるエネルギーを静かに伝えてくれているようで、見るたびに個々の存在感が増してきます。ろくろの勢いをふっと止めた気迫までもが感じられて、手に取り眺めると一層の表現感が見えてくるのです。かれこれ中島淳一さんとの出会いから10年ほど経ちました。フラワー通りでの新しいどんぐりをスタートさせた頃と同じ時期にやってきてくれた中島淳一さんですが、この10年は付かず離れずに毎年の個展を8回続けました。4年前にどんぐりをひとつにする頃までは、都内のマンションの一角で作陶していた中島淳一さんですが、それからひとり千葉の山間に移り穴窯を自ら築いて作陶と向き合い新たな創作を続けています。この一年の間に3回焚いた窯から生まれた器たちの中から本人の厳選により、堂々と並べられているので作品のひとつひとつに清々しさをも感じます。10年という歩みの変化を最も鮮明にどんぐりの歩みと重ねて見てこられたのは幸せなことかもしれません。初日から丁寧に作品を見て下さるお客さまが続きました。とてもうれしいことです。
雨も上がり、きょう一日はしっとりと涼しく過ごせそうな気配が、、、もう秋ですね。

陶 中島淳一展

ゆったりとした時間の流れの中で、中島淳一さんの作品たちはゆっくりとした歩みでお客さまと出会います。杉をくべる穴窯から出てきた器たちがかぶった自然釉の肌合いは、やわらかな色調で見た目も落ち着きます。かたちや釉のかかり具合を見ているだけでも作品のひとつひとつに引きつけられる魅力もあり、お客さまの選別も悩むところのようですが、皆さま真剣に選ばれていきますので、決められたときの充実感もひとしおのようです。きょうは、お客さま同士のお料理談義にも花が咲いたほど、器使いのイメージも様々で聞いているだけでも楽しい時間がありました。空間壁面には、ロジャークレイトンの「うさぎ」の絵と木版画の高橋照子さんの「山」を掛けてあるのですが、この2点の作品もいい感じでうつわたちの中にとけ込み、どんぐり好みの絵はどんぐりで8回ほど続けてきた中島淳一個展の今回の作風と違和感なく歩み寄れた気がしてうれしく思っているのです。祝日も入る開期の終了日(9/16 火曜)まで中島淳一展は、引き続きゆったりと過ごせそうです。

14日の今日は夕刻より、浦安元町の今年度は最後の盆踊りがフラワー通りであるのですが毎年恒例のこの通りの盆踊りは、盆踊りの曲を聴きながら踊りの輪を見ていると秋風のなかに郷愁を感じるひとときなので好きな時間です。
今年こそは輪の中にと思うのですが、浦安の盆踊りは一曲一曲の踊り方が違い、そのテンポも様々なのでなかなか踊れず。今年もぼんやりと見ているだけに、、、。五月頃まで練習していた盆踊りは練習会場の都合で断ち切れになったままなので進歩が無いままでした。

今年もきょうから 陶・中島淳一展 です

昨年9月の個展開期は、初日から台風の気配。中島君の作品展開期は台風の突入もあり、我が家のびっくり!もあったりで、大変な作品展であったのですが、今日は晴れ日の初日です。一年の間には、新たな試行錯誤を繰り返していたようで、作品たちはどんぐり空間に堂々と展示されました。いつものことながら、中島君の展示空間はどんぐりの什器を思いも掛けないような組み方で設営するので、黙々と展示に入っている作業を垣間見るのもワクワクの時です。設営が決まるとあっという間に作品は定位置に展示されて「中島淳一空間」の出来上がり。今年の開期は爽やかな秋晴れの中で過ごしたいものです。どうぞ皆さまお運び下さい。

taik&live 「石岡雅敬の部屋」voi,5inどんぐり

毎回ゲストを変えての「石岡の部屋」inどんぐりライブは、5回目を迎えます。今日のゲストは「喜世志」さん。きのうのリハーサルで初めてお会いしましたが、どんぐりの私と同世代の方で(たぶん)、なつかしいフォークソング(カレーライス)から歌い始めたのです。石岡君と向かい合ってのリハーサルをみながら、石岡雅敬の音楽を通じて世代を越えての交流の深さにも驚かされました。今日は4時からのライブですが、聴衆のひとりとしてゆったりと二人のサウンドに聴き入りたいとおもっています。どんぐりにとっては、「秋の始まり、、、」のオープニングライブのような気分です。
お二人のライブは、青春時代にタイムスリップできそうな午後の時間となりそう。
そして又、秋からのどんぐり企画展の数々をゆったりと充実させながら歩めたらと思っているのです。

夏の終わり、、、六日間の「陶・水留良雄展」でした

9月2日に終えた「陶房・鳥と花と魚たち」水留良雄さんの作陶展でしたが、最終日にはたくさんのお客さまで賑わいました。初日からの悪天候や夏(8月)の終わりの土・日を挟んだ開期がお客さまの少ない結果だったような気がしましたが、最終日に駆けつけて下さったお客さま方に気持ちも助けられ無事に楽しく終了することができました。この作品展開期は秋のはじまりの導入のように入れたどんぐり夏休みの特別編でしたので、少ないお客さまは覚悟していたものの、途中で少し気持ちは負げました。今日こそはと思っていた土曜は、滝のような大雨が降ったり、翌日の日曜はとっても暑かったりと、、、こんな状況では出足も鈍りましたね。観ていただきたい作品たちの中でのどんぐりつぶやきは「秋のはじまりの作品展だったのに、、」というと水留氏は「夏の終わりでしょ、、、」と。何気ないこの一言も次なる活力になりました。本来の予定・秋のどんぐりは9月10日(水)の陶・中島淳一展から始めます、、ということで、水留氏は「いい出会いがたくさんあって、、、」と初めて会うどんぐりのお客さまたちとの会話を楽しまれていたのが印象に残る「秋へいざなう楽しく元気な器たち」展であったのです。最終日には、開期を勘違いされていたお客さまからの電話で水留氏の猫が見たかったというご一報を頂きましたので、大猫一ぴきと子猫数ひきがどんぐりに居残りとなりました。そして、昨日からどんぐりは休みの続きを過ごしていますが、9月7日(日)には4時から「石岡雅敬の部屋inどんぐり」があります。
要予約のお席は少しありますので、秋のはじまりのひとときをライブを聴きながらのんびりご一緒いたしましょう。




 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る