いままでの投稿   2009 6月

ジンタが聞こえる 千里展

造形・山上千里さんのどんぐり個展は、出会ってからの長い時間を経てようやく実現しました。
「猫」の造形作家としておなじみ方ですが、猫だけの個展は恵比寿にあるギャラリー「カプリス」さんで毎年「猫100ぴき展」を開催されているので、どんぐりでは猫以外の創りたいものを表現していただきました。
どんぐり企画展の「鬼と遊ぶ」では毎回、千里さんの「鬼」も人気となっているのですがサルやウサギ・河童なども制作されていて、今回のどんぐり空間にはどこか懐かしい感じのする人形たちを中心に猫や鬼もいて、、、という「千里ワールド」ができました。
今年1月の「鬼と遊ぶ展」開期に、特別企画で「落語会」をして下さった「ぱんざさん」こと山上伸治さんは、千里さんのおつれあいでイラストレーターです。
今回は「強力?」、、、ということで、ぱんざさんのイラスト原画とポストカードも、千里人形展の仲間入り。大きな原画と小さな人形たちではありますが上手い具合に調和もとれてメデタシ・メデタシと相成りましたので、ゆったりとお楽しみ下さい。
「ジンタが聞こえる」のタイトルのように、懐かしさにも触れていただきたい人形たちです。
7月8日までののんびり開期ですが、7月4日(土)の七夕ライブもあり楽しい時間が過ごせそう。
6月は足かけ4つの作品展を入れていたので、準備に明け暮れる日々ではありましたが充実の時間も流れていました。お運び下さる方たちとののんびり対話の時間もたくさんあって、ギャラリー本来の在り方を問われているようなこの頃ですが、どんぐり二の間も手伝っていただきながら少しずつ片付きはじめ(まだやってるの?と笑われそうですが)、眠っていたものたちの息づかいも感じられるようにもなってきましたので新しい時間にも取り組んでいけたらと思っているのです。




手もんざんの服、、、展

20日(土)から始めた「手もんざんの服」展には、ずーっとやってみたかった展示ができて幸せ気分。
どんぐりの天井梁にひもを掛けて、木の枝を渡してハンガーを吊すこと。
お気に入りのラオスの麻ひもとどんぐりを始めた頃から持っている桜の枝との組み合わせは、人形・吉野けいこさんとどんつれの力を借りて、思いがけずに実現したのです。
吊す、、、展示をいろいろイメージして、今のどんぐりには天井梁に沿わせてピクチャーレールを取り付けてあります。壁の四隅に取り付けていれば、珪藻土壁にたくさんの展示穴?は空かずにすんだのですが、梁を引き立てたかったこともありピクチャーレールの存在は無に等しい状態でした。
好きな素材のきもの地・麻とめんの藍絣が中心となっている今回の手もんざんの服はどんぐり空間にゆったりと展示されています。
草木染め・きむらきよこさんのストールは、めん・麻・シルクが届けられて、やわらかな風の中に誘い出してくれているようで素敵です。オーガニックリネン・エジプト綿の手触りも夏場のストールの魅力。
行人窯の染め付けのうつわたちも、のびのびと展示ができました。
梅雨どきとはいえ、どんぐりに着くまでの間にびしょぬれとなったきのうの大雨には驚きましたが、雨音を感じながらのどんぐり空間のひとときも過ごせた日曜日。
木曜(25日)までの手もんざんの開期は、懐かしさを感じる藍絣空間で楽しんで頂けたらと思っているのです。

終わり、、、そして始まり

けさ、前田一郎「ガラスの仕事」展の搬出を終えました。
アジサイの枝花もガラスのなかで美しい季節の一週間、「ガラスの仕事」開期はいつものように静かに流れるどんぐり時間ではありましたが、前田一郎さんご自身の時間には大きな変化の開期でありました。
遠方より戻ったばかりの前田一郎さんでしたが、それでも無事に片づけ「ガラスの仕事展」を終えて次なる作品展会場に前田一郎さんは車を走らせます。
どんぐりもまた、次なる作品展の準備に入り「手もんざんの服」空間に、、、。
ガラスの輝きから一変した布空間となりましたが、やってみたかった展示表現が思いがけずに実現して20日の初日を迎えられる安堵の時間は、きのう・今日とお手伝い下さった方の力を借りての始まりとなりました。
前田一郎さんの「がらすの風鈴」がやさしい音と共に新たな風をどんぐりに運びこんでくれたような気持ちさえする、一日の中の搬出と搬入(終わり、、、そして始まり)。



「前田一郎 ガラスの仕事」展

前田一郎さんのびんやふたものには何を入れましょうか、、、と、選ばれる方々がゆっくり考える時間もたのしい「ガラスの仕事展」です。
初日から無造作?に並んでいるコップやびんやふたものは、ちょっとゆがんで語りかけてくれているようにも映ります。
夕暮れの時間からは、ガラスの灯りも輝いて、、、くつろぎの時間。
どんぐりコレクションの絵たちも箱から出て無造作に置かれたままですが、前田一郎ガラスのなかで一呼吸しているよう、、、。
こんな感じでこの開期のどんぐり空間では毎日お運びくださるお客さまと、まったりとしたひと時を過ごしているのす。

「駄菓子や 重兵衛さん」の放映日は、、、そして

6月17日(水) 朝7:05〜7:30  12チャンネルで放映されるようです。

どんぐりのご近所にある駄菓子やさんなのでふらりとおやつのお菓子を買いに行くのですが、午後になると常連?の子供たちがたくさん集っていてちょっと心が楽しくほっとできる場なのです。

きのうは思いがけず
  ゆったりとした時間をすごしていたてんてんファミリーと重兵衛さんまでお散歩。
だだいま開催中の「ガラスの仕事展」DM撮影場所に使った広場を抜けて(今はクローバーがたくさん咲いていました)行くのです。
どんぐり向かいからの横丁を入ると別空間を感じることの出来る空き地(誰かがこの空き地を草原と称して)で、空もひろがり草むらのなかで風に吹かれるのも好きな場所なので、きのうも一息。

夜にはてんてんさんの「ツレがうつになりまして」の最終回放映も無事に終わり、見終えた後は肩の力が抜けました。

どんぐりの外に貼ってあった「ツレうつ」のビックな宣伝用ポスターもはがす日が来ましたね。
てんてんさんも言っていたけれど「祭りの終わり、、」感のような気分なのかもしれません。

たくさんの新しい時間に向かって歩んでいるてんてんファミリーですが、次はどんな話題を運んでくれるのでしょうか、、、ね。

ドラマ「ツレがうつになりまして」の最終回

あっという間の三週目は最終回となります。
NHK pm10:00 見て下さいね。
どんなふうにまとめられているのでしょうか、、、楽しみです。
役柄とはいえ、てんてんさんと藤原紀香さん・ツレさんと原田泰造さん 
なんだかとっても似てきた感じに見えてくるので不思議です。
さて、どちらが似てきたのでしょうか、、、と思うくらいてんてんさんもほっそりと。

前田一郎 ガラスの仕事展と、、、

前田一郎さんは、「まえたいちろう」さんと言います。
染めのすずきあきさんにご紹介いただき、どんぐりとのお付き合いは25年ほどになるかもしれない作家のお一人です。
今日は長野から4時過ぎにどんぐりに到着されて搬入の作品出し作業に入りました。
いつもの見慣れたおおらかなガラス作品ですが、DMにも載せたような「びんとふたもの」がたくさん制作されているようです。
灯りもたくさん届き、天井からのスポットの間にいくつか設置されました。
明日の初日にはいよいよ眠らせてあったどんぐりにある「絵や版画」を並べてみますが、梱包したまま長い間仕舞ってあったのでどんぐり空間でのどきどきのお披露目となります。
なんだか懐かしい時間が戻ってきそうなわくわく感もあり。
どんぐりが出会ってきた絵たちを前田一郎さんのガラス越しにご覧頂ければ幸いです。

魂偶 齊籐博展は終わってしまいましたが

モノトーンの世界が素敵な魂偶たちでありました。
拾わなければ朽ち果てて忘れられそうな木々たちにまでも、丁寧に墨やアクリルを塗りそのひとつひとつの木々たちが寄り添うように真鍮でつなぎ、齊籐博さんの魂偶が生まれます。
空間の中で夕刻から夜の灯りに照らされる頃には壁に映し出される魂偶のシルエットは、まるで木々の精霊たちが語りかけてくれているようにも見えるのです。
新作の額は、格子戸を思わせるようなものでポストカードを挟むとちょっとオシャレです。
ブローチ掛けの額もありました。齊籐博さんが創った楽器に見立てたようなブローチたちとの一体感で絵や彫刻を見ているようでした。
開期中のお客さまはとても少なく、そのまま開期を終えるのはもったいない気分も、、、。
ひょうきんな話題を持ちかけては人を笑わせている齊籐博さんですが、魂偶たちに密かなメッセージを注ぎ込んでいるような飄々とした作品は飽きることない創作力で見る側の姿勢を受け止めてくれているのかもしれません。

 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る