いままでの投稿   2009 7月

真夏日のあ・れ・こ・れ、、、は

気がつけば半分を過ぎて開期も半ばとなりました。
昨年の8月には、通りでの「写真横丁」イベントが入っていましたので7月いっぱいのあれこれ展でしたが、この夏はのんびりと8月8日まで開催しています。
先週末から突発的な出来事が入り、店主はどんぐりを留守がちにしておりましたがスタッフのKさんとRさんがどんぐり開けていてくださいましたので助かりました。
ご案内を出さずの「あれこれ展」なのでお客さまはとても少ないのですが、どんぐり空間はたくさんの作品でいっぱいですので、ちょっと作品たちをご紹介いたしましょう。
前回の個展からの引き続きで陶・小泉すなおさんのシーサー・時計・うつわ(かわいい椅子や風鈴も)
陶では
 平厚志さんの筒湯呑み  行人窯・脇田さんの焼き〆や染め付けのうつわ  石川和彦さんの磁器の染め付け湯呑みや皿  森下真吾さんのカップ ぬくも工房さんの急須と湯呑み など、、、
真夏のテーブルで愉しめそうなうつわたちです。
 
ガラスでは
 前田一郎さんの風鈴・びん・コップ  田中恵美さんの鉢やコップ(氷を入れたりお菓子を入れたりと使い道もひろがりそう)

造形では
 山上伸治さんおコラージュ(きつね・猫)が壁面に。千里さんの猫や人形 吉野けいこさんの少年・犬・カエルもゆったりと、、、。
 八木下裕さんの蚊取り線香立て・貯金箱・遊印など猫や犬・なまず・カエルたちがひょうきんに遊んでいて。

布のモノでは
 そわかさんのバック(めん・麻) ほきさんちのバック こもれびの花の編みバック(ナチュラル感が素敵) 独歩さんのマットとバック・ブックカバー もめんとさんのベトナム式鍋つかみ包み布 きむらきよこさんの草木染めストール

服は
 アトリエSO 手もんざん kaneko こもれびの花 金田礼子 遊由 岩本ちほさん    
   お手持ちの夏服にプラス1で気分転換もできそうです。

木のモノは
 アトリエムーンさんのボタン・カード立て・ストラップ・アクセサリー・かんざし

ただ今、こんな感じのどんぐり空間なのです。

まだまだ、作品も届きそうな気配ではあるのですが、、、。




 

真夏日のあれこれを、、、

この数日は、雨模様ではありましたが涼しい日が続き動きやすい時間を過ごしていました。
きのうは布作品も届き、二人のスタッフのアイデアですなお展の風鈴用に吊してあった流木の一本に服たちが楽しげに展示されました。
展示作業の時間に急用で出掛けてしまった留守時間でしたが、戻ってみるといつものどんぐり空間とは思えないほどの異空間展示に変わっていて新鮮な気分です。
壁面には、陶時計や大きな額絵や布バックや服がピッタリなコラボでいい感じの展示に。
造形の作品たちも活き活きと、みんな一緒にどんぐり空間で遊んでいるような、、、。
きょうから始まる、あ・れ・こ・れ時間にお運び下さるみなさまがゆっくりと楽しんでいただけそうです。
どうぞ真夏日のひとときを、作品いっぱいのどんぐり空間でひと休みを。

真夏日のあれこれ展、、、を

夏の恒例となった「真夏日のあ・れ・こ・れ展」
今回はDMを作成しなかったので、みなさまへのお知らせはホームページの掲載と小泉すなお展のDMでの次回予告とどんぐりのシャッター棒にはがきサイズのお知らせを掲示しただけですが、7月23日(木)〜8月8日(土)まで、細々とした作業をしながら休まずに開けているつもりでいますので、まったりとお運びくださるとうれしいです。
郵送のご案内をせずにお客さまはどれほどいらして下さるのかは判りませんが、開催中のイメージは「どんぐり空間でひと休み・夏の楽しさ集めてみました」です。
そんなわけで、小泉すなお展が終わって四日休み22日はあ・れ・こ・れ展示に入ります。
どんぐりの上半期個展は小泉すなおさんで終えましたので、あれこれ展では集まっている作品たちとお運び下さる方々がのんびり過ごせるような展示を考え中。
このところ心強いスタッフにも恵まれて、どんぐり空間も心機一転の演出ができそうな気配なのです。

日曜日の夕刻には、ベランダから団地の空に架かる大きな虹を見ました。反対側では夕焼けも美しくて久しぶりに団地の鉄骨にもたれてくつろぎの深呼吸。
この日はどこにも出掛けずに、朝からビデオ三昧の一日でもありました。



小泉すなお展を終えて

土曜から土曜までの作品展開期は、連日お客さまとのゆったりとした時間が流れていました。
結婚・出産・育児とで思うような制作時間がとれずにいたすなおさんの個展は久しぶりのことで、この数年は織・高嶋彩美さんとの二人展でどんぐりでの発表の間を繋いでいてくださいました。
限られた時間でのやりくりの中から生み出された作品たちはどの作品を手にしてもフレッシュで、作品と向き合った一瞬一瞬の制作時に集中した気合いが感じ取れました。おなじみのシーサーも今回は、どこかユーモラスで躍動感がある大きめのものも幾つか登場して素敵な出会いでそれぞれのお宅で落ち着いていることでしょう。
「頑張りましたね!すなおさん」、、、これからの更なる歩みも楽しみにしています。
いつの日か大きな大きなシーサーが、どんぐり入り口に迎え入れ出来ることも夢見て。

小泉すなおさんは、毎年の夏にフラワー通りにあるお寺(正福寺)さんでシーサー面の指導もされて今年で8回目。毎年の人気も高まり今回も定員もはるかに超えて50人以上になったとか、、、。
子供が主体の一日限りの陶芸道場ですが大人の希望者も多く、いつの日か実現できるといいですね。
今月30日が予定ですので、個展の終了後もまだまだ気の抜けないすなおさんです。


小泉すなお作陶展 初日

どんぐり空間におなじみのシーサーたちが元気に到着。
天井の梁には二本の流木(倒木?)が渡されてたくさんの風鈴が吊されました。
きょうから沖縄の風を感じさせてくれそうな小泉すなおワールドの日々を過ごせそうです。
楽しげなうつわや陶椅子もたくさん並んで、はじまりはじまり、、、。

ジンタが聞こえる 千里展が終わって

12日間の千里人形展の最終日には七夕も終わり雨模様の静かな一日でした。
笹飾りも片付けひっそり通りの空気を感じながら、人形たちとのお別れの時間は「祭りの終わり」のようで、久しぶりにちょっと切なく脱力感も。
暑かったり雨だったりと、天候に左右された開期ではありましたが、人形たちとお客さまの素敵な出合いは確実にあり充実した作品展期間でありました。
七夕ライブの準備や本番と何かと変動のある時間を過ごしていても、人形たちはどんぐり空間でゆったりとした時間を過ごしていってくれたような感じです。
人形たちが思いを語ったらどんなつぶやきが聞けたのだろうかと思う12日間という期間。
休みを入れずに開けていましたが、人形たちとの時間はくつろぎの時間に変わるほど穏やかな時間で人形たちから放たれる不思議な気に力をもらっていたような、、、。
7月23日からの恒例「真夏日のあれこれ」展にも千里人形の一部を展示しますのでまた観て下さい。
ユーモアセンスも織り込んだ一体一体の千里人形には物語性も含まれて、千里さんの遊び心は人形たちの中に無限に広がっているようです。


七夕ライブの夢叶い、、、きょうは七夕

7月4日の土曜日には、雨にも降られずみんなで盛り上がった温かな熱いライブを終了できました。
お客さまをはじめご協力いただいた皆さまありがとうございました。
佃浅ガレージを舞台に出来たら、、、と、長年想っていたことが実現した「佃浅ガレージでのライブ」でしたので長年のフラワー通りでの夢が叶いました。
通りを挟んでの駐車場には、駄菓子や生ビールといったコーナーもありお客さまは4時間ほどのライブにそれぞれの楽しみかたでお付き合い下さっていました。
シャボン玉も風に乗ってふわりふわりと。
通りでは数人のスタッフが交通整理。リズムに合わせて踊りながら誘導していたスタッフも、、、。
6組+1の出演者はプロ・アマの境なくそれぞれのジャンルのサウンドを気持ちよく聴かせてくれていました。
出演者ごとのお客さまの入れ替えはあったものの絶えず百数十人の方々が聴いていてくださいましたので通りのイベントとしては大盛況でありました。
どんぐりの窓からは演奏中の出演者の横顔を見ながらのライブも楽しめて、普段では体感できない光景も、、、。
楽しくのびやかに演奏してくれていた出演者、そしてお客さまのみなさまが和らいで聴いて下さっていた表情からも心がひとつになっていたライブ時間だったように思います。
ライブ終了後もフラワー通りの風を感じながらの心地よい安堵感に包まれました。
フラワーストリートライブ七夕を通じて、人と人がやさしくゆるやかに繋がっていけるような連帯感も生まれました。大成功です。
ライブイベントを終えて、どんぐりはまた明日8日・5時までの千里人形たちとの静かな時間を過ごしています。
そして今日は七夕、、、。
夕刻よりささやかな七夕の宴をいたしましょう。


フラワーストリートライブ09 七夕

7月4日(土)のあしたは、どんぐり隣の佃浅ガレージで2時から始めます。
通りの風を感じながら皆さまぜひ聴きにいらして下さい。
空模様が気になるところなのですが、雨に降られないことを願っての前日。
あしたはガレージの両脇に笹を立て、ガレージの奥には麻布を吊しての舞台作りを考えています。
きのうは、関係者の手を借りて笹飾りもたくさん出来てきました。
6組プラス1の出演者のみなさんとお客さまがライブ時間を盛り上げてくれることでしょう。
それぞれの演奏にのって爽やかな土曜の午後を過ごせたら、、、と思っているのです。
どんぐりでは「ジンタが聞こえる 千里人形展」を開催中ですので、店主はどんぐり内でみなさまのお越しをお待ちしております。短冊に願い事を書いて笹飾りにもご参加ください。
千里人形たちと一緒に、通りに向けてのライブを楽しみましょう。

 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る