いままでの投稿   2010 4月

今日から

どんぐりも大型連休に突入です、、、とは言っても「企画展は休み」なだけ。
きょうからはどんつれと、DM撮影・制作etc、、、の企画展準備に入ります。
こちらは5月末からの企画展と6月中旬の企画展のご案内作成なので、かなり大慌ての作業。
きのうまでの中島淳一展は、天候不順のなかでまったりと過ごしていましたのでこれから「動」の仕事に掛かります。
昨夜はフラワー通りの上空に満月を仰ぎ、中島淳一展を終了しました。
最終日はGWの初日、「お客さまのお運びがどうなるのか、、?」でしたがのんびりな終日。
作品のひとつひとつを手にしながら、黙々と目指してきた「中島淳一のかたち」も見えてきました。
10年間に10回目の個展(2010)から、また新たな力を発揮してくれそうな中島淳一展の今後の展開も楽しみな最終時間のひとこま。
来年(2011)も同じ月日の開期で作品展予定を約束しました。

そしてきのうは「犬も歩けば、、」というような(良い意)のびっくり感で桐箪笥をいただいたのです。
主を亡くし空っぽになったまま置かれていた箪笥は、ひっそりとそのお宅の二階片隅にありました。
ご縁があってどんぐりに運ばれて来た箪笥は、最終日の中島淳一展の中に堂々とディスプレイ。
ずっと前からどんぐりににあった感じで、やわらかくその存在感をかもしだしてくれているのです。
この連休の間に「この箪笥の有効利用を、、」と相変わらずの二の間片付け構想をあれこれ考えながら、この辺でこれからの時間に移ることにいたしましょう。


変わる空間 中島淳一展

気がつけば作品のディスプレイは毎日変わり、什器の組み方も少しずつ替えての空間展示。
こまめに演出する中島淳一さんの姿勢を見習わなくてはと思う開期の一週間目です。
天候と気温の変化が激しく変わる開期の日々ではありますが、空間を楽しませていただいてお客さまとのゆったりとした会話も弾めます。

週末はフラワー通りをのんびり歩かれてお運びくださるお客さま。
どんぐり周辺の境川沿いにあった建物は、フラワー通りの中程にある橋付近を広げ道路や公園を造るなどの計画も実行されつつあるようで取り壊され、ぽっかりとした空き地が目立ってきました。
数年後には、どんな景観のフラワー通り周辺の元町界隈になっているのでしょう。
見慣れた風景は一変してしまうのでしょうか、、、。
なにげに歩く元町界隈の空気感が好きなのですが、計り知れない「まちづくり」の現実を毎日突きつけられているようなこのところのどんぐりの日々。

清瀧神社の向かいから入るフラワー通り、神社を背にして歩く町並みは文化財住宅・銭湯・通りに連なる商店の看板、、、曲線の通りはやはり魅力的。

どんぐりはどんぐりのまま歩み続けたいと願いつつ、この通りで10年を過ごしたどんぐりと、どんぐりで続けた中島淳一さん10回目の個展。

それぞれの思い出の中で、2010年の中島淳一展を開催しています。

作品のひとつひとつには2010の刻印と手書きで淳一の銘を。


陶・中島淳一展

初日の後半は冷たい雨。きのうの温度はぐっと上がり暖かな一日。
そしてきょうは雨日です。
お客さまのお運びにはなかなか難しい天候のようですが、窯の中から生まれてきたうつわたちとジャズを聴きながら中島淳一展を過ごしています。
作品のひとつひとつの中に、中島淳一の精神が凝縮されているような今回の個展。
10年目からの新たなスタートを強く感じています。
一般的な食器ではないけれど、使い手によって自在に愉しめるうつわたち。
お客さまはそれぞれのお好みで真剣に作品と向き合われている時間も心地よい空間に。
29日(木)までの個展の日々には、どんな出会が待っているのでしょうか、、。
うつわたちを観ながら、あれこれとのせてみたい食材やテーブルセッティングなどのイメージもふくらんでくるのです。

きょうから 陶・中島淳一展

どこかの酒蔵で、木箱に陳列のワインボトルを品定めしているような展示空間となりました。
山上伸治さんの額猫・山本治美・猫たち展でご予約済みの猫たち・前田一郎さんのこっぷやびん。
宮本寿恵子さんのドードーやすなおさんの掛け時計・ムーンさんの灯り・石岡雅敬さんのCD、、、どんぐり空間でお馴染みの作品たちは中島淳一さんのディスプレイで楽しげに中島淳一個展の中に仲間入り。
意外な展示でどんぐり空間は居心地の良い中島淳一の世界に生まれ変わりました。
窯の中でキリリと焼き〆られた作品たちからは、作り手の意気込みが感じとれます。
お客さまとのきょうからの出会は次なる大きなステップになりそうな気配も、、、。

きようは洋一郎・石岡雅敬の街中がステージ「Uスタイル」の日
7時から 新浦安ウェーブ101で   ワンドリンク\500のライブです。
ゲストは1992生まれのギタリスト岡本拓也さん。
ただ今注目の浦安在住でもある若手ギタリストです。
お時間のある方はぜひお運びください。
どんぐりも今夜は聞きに行きたいと思っています。


猫時間  最終日でございます

一日中降り続いた昨日の冷たい雨、、、
昼過ぎのフラワー通りには桜吹雪に見間違えたほどの雪が舞いました。
今朝まで降っていた雨はどうにか上空の空も明るくなり晴れ間の出そうな気配がします。
きょうは、猫さんたちが横浜に戻る「山本治美の猫たち展」最終日となりました。
土曜〜土曜ののんんびり開期で暖かな春時間を猫たちと過ごしていただきたい企画展でしたが、今回の異常気象に驚かされています。
最終日のきょうはお客さまに恵まれますように、、と空模様を仰ぎながら祈るばかり。
暖かな空気のなかで居残り組の猫たちを、あるじのもとに返してあげたいものです。
夕方の最終時間までに、猫たちにたくさんの出会がありますように、、、。

そして、、20日(火)〜は中島淳一・作陶展が入ります。
中島淳一さんとどんぐりの出会から10年。
今回は10回目の個展ともなり、独自の作風を生み出しながら毎回の個展に挑んできた彼にはこれからの進む道に光が見えてきたようにも思うのです。
什器の組み合わせに毎回驚かせられながら、どんぐり空間で作品たちを見せてくれる中島淳一個展は楽しみのひとつにもなっているのです。
区切りの10年目の個展には、たくさんの光が降り注がれますようにと願うばかり。

厚い雲の間からお日様が顔を出しましたので、そろそろ最終日の猫たちとの時間を過ごしに出掛けましょうか。

猫時間

前日の暖かな陽気は一変して、またまた冷たい雨の降る寒〜い昨日。
お客さまがお運びくださる気配もないフラワー通りを眺めながら、机での作業と決め込んだとたんに久しぶりのお客さまににお運びいただきました。
それからはお久しぶりのお客さまが続いてくださり、猫たちとののんびりな時間を共有。
今にも動き出しそうな山本治美さんの野良猫たちではありますが、気品の漂う猫たちなので気がつけば凛と向き合わされている自分がいますので不思議です。
机の下の影に隠れて展示されている猫には、一瞬の気配を投げかけられた存在感に驚かされたり。
天候によっての見え方もだいぶ変わる猫たちは、きょうに続いた気温の低い雨日にどんな表情をみせてくれるのだろうか、、。
猫たちの居るどんぐり空間は、猫集会の仲間にいれてもらっているような空気感に包まれてお客さまをお迎えしております。
意を決してひろげた机での作業はきのうのまま、、きょうは一気に出来るだろか?
猫たちにいつものどんぐり時間を変えられているような気さえする猫時間でございます。

電話をいただく

ブログがおもしろかった、、、と電話の話題に共感してくださった遠方の方からの電話。
こちらから掛ける作業もほぼ終わりの頃にいただいた電話は心からうれしい。
どんぐり空間にはめずらしくお客さまがたくさんいらして賑わっていたころでした。
きのうは暖かな天気に恵まれて、お客さま同士の楽しげな話題も飛び交ってギャラリーの仕事としては充実の時間。
遠方からのお客さまもたくさんお運びくださって、それぞれのお時間を過ごされていかれました。
どんぐり空間では小間切れの会話でお一人お一人とのゆったりとしたお話は出来ずでしたが、電話は切るまで直通でお話しするので短時間で思いが伝わるのも実感。
せっかくお時間を作ってお運び下さったのに、ゆっくりとした会話が出来なかった方々には心残りなきのう時間。
一日の不燃焼感も少し残る最終時間には、浦安での仕事を終えて寄ってくださった方を引き留めささやかな春の宴に、、、。
浦安の夜のまちには年度替わりの歓送迎会らしきグループの団体もあちらこちらに見かけた晩。
新しい時間に向かって行くであろう若い人たちの表情に、過ぎてきた自分時間を重ねてもう少し頑張らなければと思うほろ酔いで終えた一日でした。

電話の日々

めったに掛けない電話を一年の間に数回は集中して掛けなければならない連絡事項の用件。
先方のご都合時間帯をあれこれイメージしながら掛けるので、毎回の掛け始めには勇気がいる。
ドキドキハラハラしながら掛けるので、明るい応答があるとほっとして肩の力がすーっと抜け用件を伝えるのだが、なかなか事務的な申し伝えが出来ず切るたびに反省感が残る。
先方の近況も電話の向こうから直に伝わってくるので、気がかりだったことなどは解消して一安心するのだけれど気楽に電話でおしゃべりなどはどうも苦手のままでついつい電話無精に。
どんつれは、そんな大きな声で話さなくても、、、と言うけれど、ドキドキ感で声が高まってしまうのかもしれない。
5月・6月の企画展の件で、たくさんの電話を掛けているこの数日はテンションが上りっぱなしのようで自分が落ち着かない。
じっと聞いている開催中の山本治美さんの猫たちに笑われてしまっているようでもある。


 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る