いままでの投稿   2011 9月

もうすぐ素材たち展(10/1〜)

きのうで、陶・八木下裕展を終了。

灯火親しむ、、秋をイメージした灯りからは、やさしく光を放った影がどんぐり空間に映っていました。

搬入後には灯り火も消えて空っぽになったどんぐり空間には、各工房から届く素材たちがやってきます。


10/1〜は、毎度おなじみの 「ちーこーぼ革のバック展」を企画していたのですが、ご都合で出来なくなりました。

毎回楽しみにお待ちいただいているお客さまには申し訳ございません。

ちーこーぼ共々、お詫びいたします。


そんなわけで、急きょ考えた穴埋め企画は「工房からカタチになりたいの素材たち展」

DMはイラストの玉村幸子さんいお願いしましたら、青い鳥を入れて下さって、、。

シアワセノアオイトリ ハ ドコカニイルノカナ?


今年2月に企画した初の試み「素材たち展」がご好評でしたので、作家さんたちに協力を求めた秋の素材たちがまたやってきます。

届いてみないと判らない素材たちに夢ふくらむ時間も楽しい時間。


素材があり創作のカタチが存在する自由な発想からは、作家たちの思いも伝わってくるどんぐりの原点でもあります。

手仕事愛好家の方々たちと素材を通じての交流空間をひろげたいと思っています。

手仕事しない方も、素材から自由なカタチを想い描く楽しさを満喫してみてください。


染め布・染め糸・ボタン・織布・きもの地・木っ端・etc・・・さてさてどんな素材がお目見えするのでしょう。

秋の日、ゆっくりと素材選びにお運び下さい。

 陶・八木下裕展

初日が台風だった翌日からは、ゆるやかな流れでお客さまにお運びいただいています。

秋風も心地よいお彼岸日和の空気感に包まれているようなフラワー通りのどんぐり。

うつわ空間のひろがるなかで、お気に入りと出会っていただける瞬間もうれしい時間。

八木下うつわに、さまざまな使い方をお客さまからも学びます。


開期も後半となりますが、作品の補充にもお楽しみが、、。

箸置きと称する干支や犬や猫やフクロウ、、etcの動物たちはポーズもさまざまにうつわ空間に仲間入り。

うつわと遊び心いっぱいの造形はどちらも八木下ワールドの作品たちなので、その対比も個展の見どころかもしれません。


台風の初日  陶・八木下裕展


夕方には台風が直撃というので、3時に閉店。

作品展初日の早じまいは、初体験でした。

展示は整い、お客さまをお待ちするばかりのどんぐり空間。


風雨のどんよりした天候の室内に、灯りがやさしく光を放ちます。

灯りをぼんやり見ながら

悪天候の中にも、初日のお客さまがいらしてくださるかも、、

八木下さんとスタッフの恵さんは電車が動かず帰れなくなるかも、、、など

早じまい時間の見極めには強い決断力が要りました。




台風通過の一夜を明け、どんぐりは気持ちを切り替えて始める八木下展。

生活空間にほっと楽しめそうなうつわたちが、やさしげに並んでいます。




食欲の秋、たくさんのイメージをふくらませた食材のおいしさは

真夏日に制作されてきた八木下器の中に、しつかりと受け入れてくれそう。









灯火・親しむ

明日から始まる 陶・八木下裕さんの作品展タイトルです。

暑さが長引いていたので、秋の夜長「灯火親しむ、、」時間はやってくるのかな?、、と

ちょっと心配でしたが、急に涼しくなりましたね。

この涼しさが続けば灯火を親しめそう。

きのうまでの田中絵奈・裂き織り布の手仕事展を終え、きょうは八木下裕展の搬入です。

毎回のDMでも楽しませてくれている(昨年はカエルが釣り糸垂れているDM)八木下展には

今回はどんな作品が運ばれてくるのでしょうか?

遊び心たっぷりな干支作品でもおなじみですが、

灯火親しむ、、をイメージさせた八木下裕さんの灯りにはどんな提案が盛り込まれているのかも楽しみな開期です。

フラワー通りに吹く風も心地よく感じられてきました。

深まる秋の暮らしをイメージしながらどうぞお運び下さい。

 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る