いままでの投稿   2011 11月

陶・中山典子展






今日から、中山典子さんの作品展です。


昼食に 向かい天哲さんでカツ丼食べてからの、搬入展示は7時ころまでかかりましたけれど

中山典子さんらしい展示空間で、クリスマスな気分にさせてくれています。


灯りもたくさんの光を放ち、やわらかな時間を過ごせそうです。


シンプルな食材をも引き立ててくれそうな日々のうつわもたくさん制作されました。


この季節に さりげないプレゼントに使いたくなるような、オーナメントやピンブローチも。


暮らしのイメージを広げて 見て・触れて・お使い戴きたい中山ワールドの作品たち。


千里 猫たちもしっかりと仲間入りができましたよ。



それから

ただ今、どんぐりメールの送受信が???の状態になっています。

なんだか読解力も無く、あちこち押してしまったら さっぱり判らなくなり、、。

いろいろと消してしまったような。

そんなわけで、ただ今メールは見られませんのですみません。

どんぐりにこのiMac置いてあればパソコンに強い人たちが見極めてくれそうなのですが、、。

判らないパソコンに向かい、きのうからハラハラどきどきの胸中なのです。








猫たち

壁一面の彩りを楽しんだ、KEI工房展 最終日のきのう。

造形・山上千里さんの和紙猫たちが届けられ、織り空間に仲間入り。

搬出後のどんぐり空間で、明日からの始める中山典子展をお迎えしているようです。

招き猫になってくれそうな、自在な猫たちはヨーロッパの小さな村々を感じさせてくれるような中山典子ワールドに馴染んでくれるでしょうか?






どんぐりにも

昨夜降った雨に浄化されたような、陽の当たる爽やかな団地の朝です。

このまま 窓越しから降り注ぐ陽を浴びながら、のんびり時間も過ごしたい気分。

ことしも どんぐりの軒下にはぐるりと大家さんのお孫さんが、クリスマスの電飾を設置してくださいました。

キラキラと輝く灯りを見ながら、なんとか今年もここまで進んできたことを実感。

一昨日には、鳶の方が門松飾りの声かけに来てくれていました。

時間は止まってはいないのですね。

季節の空気を感じさせてくれる場に、心救われるどんぐりです。

向かいの天哲さんは、外壁タイルの大型改修でブルーシートに覆われていますが年末にはすっきりとした建物に戻っていることでしょう。

どんぐりも新しい時間に向かって準備の最中。

いいご報告が出きますように、、と。

色糸重ね  KEI工房の手織り布展

今日は祝日(勤労感謝の日)。

お日さまも顔お出し、団地の朝は穏やかな空気感に包まれています。

ずっと続いている敷地内の工事現場で働く車もお休み。

日頃会うことの出来ない上の階に住む知人とも、ゴミ出しにて数年ぶりの顔合わせ。

同年代の知人は、葛西臨海公園の方にこれから走ってきますと、、元気。

なんだか気持ちがシャンとなってくるよう。


どんぐりの今日は、KEI工房展の中日です。

時間の光によって重ねられた色糸の発色に変化を楽しめるKEI工房の織り。

材質による風合いは、色数の重ねの表情と共に魅力を増してきます。

絵を観るように織り重ねられた彩どりを感じて欲しい作品展は、紅葉をも観ているような。


 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る