いままでの投稿   2012 11月

雨に始まり 雨で終わる

ひとつの企画展(遊印・望月信幸)の中に入れた てんてんぐーす骨董店も雨で始まり 雨の搬出。

陶・おかべあけみ展と遊印・望月信幸展は雨で始まり 雨の搬出。

これから続くそれぞれの歩みを 降る雨に浄化され祝福を受けたような気がしています。

作品を送り出したどんぐりは久しぶりに企画展を入れていない期間を過ごすことに。

今日から7日まで ぽっかり空いていた期間を見過ごしていたのです。

企画展を入れ忘れたとはいえ 思いつくまま動ける時間に恵まれたような期間。

12/8(土)〜の小泉すなお展までの自由時間は 今のどんぐりにとっては貴重な時間かもしれません。

自由行動のできる 与えられた大切な時間とゆっくり向き合いたいと思います。

日頃 気になっていることも山積みなので さて何から始めましょうか。


クリスマスの音が聞こえます

24日の日中 また今年もどんぐりの軒先をぐるりと包み込むようにクリスマス迎えの電飾が設置されました。

毎年 大家さんのお孫さんが飾って下さるイルミネーション。

夕暮れからキラキラと輝くクリスマス飾りに包まれながら どんぐりの一日を終える贅沢な時間を今年も味わっています。

今日 冷たい強雨の中では 一層の輝きが増しているように感じました。

どんぐり空間に展示している おかべあけみさんの白いうつわと 西方京子さんの織り布たちもクリスマス気分が感じられる作品たちで 優しい空気感です。

路風舎では 遊印・望月信幸さんがコツコツとご注文印を制作。

静かな時間が過ぎた雨日の月曜日は 心の休息ができたような日でした。


てんてんぐーす骨董店の3日間

てんてんぐーす骨董店は、まるでお祭りのような三日間を過ごしたのです。

個々の作品展とは違った空気感で たくさんのお客さまで賑わった開期でした。

どんぐりにお運びいただいている多くのお客さまと 関わっている作家さんたちも てんてんぐーすさんと望月信幸さんに会いに駆けつけてくれていました。

望月信幸・遊印展の期間に重ね合わせた てんてんぐーす骨董店とのコラボは大成功。

ゆったりとした空気感の中で 並べられた品々がみんな輝いて見えた路風舎の空間。

ずっとオープンさせていたいような 路風舎にぴったりはまった展示会でした。

遊印・作家たちのうつわ・てんてんぐーすさんの集めた骨董たちと。。。

細川貂々さんの本や自ら制作した おなじみのマトリョーシカ・人形・粘土や和紙で作った小物たち。

骨董の品々はオルゴール・かるた・くすりビン・ブリキのおもちゃ・ビー玉・おはじき etc。

へ〜 こんなのもあるの?・・というようなおもしろいものあれこれに しばしハマッてしまったどんぐり店主でした。

ぐーすさんは千鳥やふくら雀が表現されている せとものや椀や根付けや 帯留めなどかわいいものがいっぱい。昔の子供の遊び道具も。

小さな子供たちもたくさん来てくれていて 年代を超えたお客さまがお買い物を楽しんで下さっていましたよ。

さて 路風舎のお祭り?終わり ちょっと寂しく感じるけれど 29日(木)までは、遊印・望月信幸展をゆったりとお楽しみ下さい。

どんぐりでは 陶・おかべあけみ展の器たちが ふっくらとあったかく展示されていますので。












陶・遊印・骨董 と

3日間開催の「てんてんぐーす骨董店」初日は 冷たい雨日となりましたが、会場の路風舎はお客さまが途切れることなくの賑わい。

望月信幸 遊印の空間に ぴったりとはまってしまった ほっこりとなつかしく 可愛い骨董たち。

てんてんさんとぐーすさんの目を通して集められた骨董たちは昭和レトロ。

縁側も上手に使った展示は 庭の草木と一体化しているように見えました。

たくさんのお客さまをお迎えした建物は きっとびっくりしていたかもしれません。

どんぐり空間のおかべあけみ・陶展に 路風舎からお運びいただいたお客さま方は かわいく紙袋を提げて入ってきて下さるのが印象的でした。

お買い物の中身を見せていただきながら どんぐり空間でも路風舎に並べてあった骨董の品々を感じることができ 会話も弾みます。

2日目は 新たな骨董たちもお披露目されそうな気配。

路地裏の路風舎で なつかしくかわいいものに出会ったら 小さな幸せがふくらんできそうです。

おかべあけみ展のうつわたちも ほっこりとあったか。


陶 と 遊印+骨董店 ふたつの空間で

服展の片付けが出来ないまま おかべあけみさんの搬入。

路風舎では 展示してあった器たちを片付けられないまま 望月信幸さんの搬入。

どちらも残した作品たちと上手にコラボの個展空間ができました。

23日からの三日間はてんてんぐーす骨董店が路風舎に仲間入り。

ふたつの空間は なにやら楽しげな会になりそうです。


あっというまに最終日を終え。

前日の土曜は 大雨。

最終日は晴れたものの お客さまの少ない日中でした。

開期はあまりにも短い日数で 作品たちをゆっくりご紹介出来ずに残念です。

見上げた夜空に三日月が浮かんでいたので 心は晴れました、、、が。

また前に進みましょう。

賑やかに 22(木)〜は どんぐりと路風舎でふたつ+1(おたのしみ)の企画展が入っています。


晩秋の創作服+1展は 

初日までも届けられた荷ほどきも終え どんぐり空間は盛りだくさんの作品たちでいっぱいになりました。

何人の作家さんたちですか?とよく聞かれます。

数えなければ、、、と思いながら お客さまとの会話も弾む時間は流れ 今日は3日目。

個性豊かな作品たちを どんな組み合わせでお見せしましょうか。

今回はかわいいこども服・リュック・帽子制作の作家さんも初登場で 始めた頃の旧どんぐりを思い出したりしています。

衣替え中のお部屋のような 雑然としたきのうまでのどんぐり空間を きょうからすっきり展示したい思いなのですが、、どうなりますことやら。

またまた猫村さんの手も借りたいどんぐりの今。

作品をお選びいただきながら 組み合わせ自由なディスプレイも楽しんでいってくださるとうれしい創作服+1展に。



 

晩秋の創作服展 準備も整い

搬入展示の今日は 正福寺さんのお会式の日。

11月12日の今夜も万灯行列とまといとうちわ太鼓をどんぐり前で迎え・送りました。

たくさんのまといは 今年もどんぐり前で舞ってくださったのです。

例年だと ぐっと冷え込んだお会式日でしたけれど 今夜は暖かなお会式の日。

今夜も毎年同じことが出来る幸せを感じながら過ごしました。

送られてきた作品の荷ほどきをして、展示を終えたのは6時近く。

今年はなんの準備も出来なかったお会式迎えでしたが、数人の方たちとの酒宴もでき うちわ太鼓の音とまといの掛け声にも心舞えました。

服展に+1の小物たち。

新しい作者も仲間入り。

どんぐり空間は たくさんの作品たちでいっぱいになりました。

楽しい時間を過ごしていただきたい18日(日曜)までの開期です。


昨日は11/11反原発 1000000人 大占拠に参加。

雨の中 国会議事堂を仰ぎ見ながら 群衆の中の一人として 微力ながらの原発ゼロ発信。

ひとりひとりの声が 大きな動きに繋がりますようにと願うばかりの時間でした。

与えられている日々を大切に生きなければと 改めて心に刻んだ日でもありました。

また前に進めます。








 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る