いままでの投稿   2014 9月

色ふ器  

色ふ  と 辞書で引いてみましたら 美しいいろどりをしている。 
色が美しく交じる と。 竹村良訓さんの 色とカタチを表現した作品展に ぴったりのタイトルです。

前回の展示からの什器は移動せず 珪藻土の白壁を背に 並べられた色とりどりの作品たち。
心地よい展示空間で 竹村さんは ゆったりとお客さまをお迎えしています。

 

色ふ器 竹村良訓 陶展に

五日間のとんぼ玉展が終了しました。

無限に広がる がらす花の表現世界は その技と見きれないほどの数の多さにも驚くばかりです。

路風舎の庭の花たちも がらす花たちを見守るように ホトトギス 秋明菊 むくげ 彼岸花 ダリア 萩 紫蘇  名称を知らない花たちもたくさん開花していて 路風舎の出入りを楽しませてくれていました。

多くの方に観ていただきたい 畠山さんの「花とんぼ玉展」は また来年 どんぐり空間での開催を予定し 搬出を終えました

この期間 さらりと展示して お客さま迎えをしていたどんぐり空間は 23日(火)〜29日(月)までの 竹村良訓 色を楽しむ 陶展に繋げます。

竹村良訓さんは ミチクサクーシャのおひとりで どんぐりでの個展は初めてです。

路風舎でのミチクサクーシャ展は 什器も運び入れ 楽しく展示していましたが 什器の多いどんぐり空間の展示が どんな風に演出されるのか楽しみです。

ひとりひとりがもっている 心の中に秘めている色に そっと寄り添ってくれそうな 色ふ器。

秋空の下 ふらり お気に入りの色秞をみつけにお運び下さい

造形表現も楽しい動物たちにも 会えるかもしれません



とんぼ玉(花とんぼ)の世界展

路風舎いっぱいにひろげられた 花をモチーフにした とんぼ玉。 昨年に引き続き 2回目の作品展です。
夏が終わり 庭の花たちも 秋を感じる装いになってきました。

がらすの花と 路風舎にひっそりと咲き出した花たちの世界を ゆっくりと ご覧下さい。


17日〜は 路風舎で 花とんぼ(とんぼ玉)展を

「ゆるり展」はタイトル通り ゆるりと熱く終わりました。

どんぐりでは 季節に合った久しぶりの織り展でしたので お客さまに作品を見ていただくのには

うれしい会期。


シルク・綿・ウール・・どの素材も 季節の装いに イメージのふくらむ作品たちでありました。


糸好きの方にはたまらない 魅力的な座繰り糸がたくさん展示されていましたので どんぐりも久しぶりに 別枠のワクワク感。

また 糸の仕事をしたくなりました

須賀恭子さんは 帯を主な仕事にされていますが クラフト的にはストールやバックや小ものを製作していて

使って下さっていたお客さまからは 勝負のときに持つバックとのお言葉も出るほど 確かな素材と機の打ち込み織り表現が 甘くならず 持つ方に 制作のエネルギーが伝わるのでしょう。

勝負!と聞き どんぐりも名刺入れを求めました

気分一新の名刺もできていますので

これからも いい出合いがありますようにと願いも込めて新調。

17日からの路風舎とんぼ玉展まで どんぐりは準備で休んでいます

同時開催で どんぐり空間は 店主のセレクト展示でオープンいたしますので 合わせてお運び下さい。

搬出の終わったどんぐりは 久しぶりに 什器のみの何もない空間。

作品たちが 出番を待っているかのように感じられてきました。





 

浦安の小さなギャラリー どんぐりころころ
〒279-0041千葉県浦安市堀江フラワー通り3-2-10 tel/fax 047-352-0778
e-mail : donkoro♠jcom.home.ne.jp (♠ を @ に変えて送信してください。)

ページトップへ戻る